LOADING

Month: 2018 April

2018.04.02 Mon

昨夜は、大学時代の友人3人と京都の夜桜見物を楽しみました。初老の親爺の4人組にしては、かなり頑張って歩きました。平安神宮から知恩院、円山公園、三年坂、清水寺、川端通、四条大橋、八坂神社、円山公園というコース。ほぼ13km、高低差123m、時間にして3時間30分、16,700歩でした。昨夜の京都も、あちらこちらでレンタル和服に身を包んだ男女(女8対男2)が目につきました、というか、滅多矢鱈といました。半分くらいは日本人観光客なのかもしれませんが、外国人観光客の割合も半端ではありません。それも、中国や韓国などのアジア系だけでなく白人、インド系、アラブ系、イスラム系、アフリカ系と多士済々。まさに国際色豊かな異空間でした。それなりにみんな似合っていて、結構かわいいのが不思議です。一般的に、和服って堅苦しいイメージしかなく、かしこまった時に着る振袖とか紋付袴の印象が強いのですが、、最近のレンタル着物は、普段着、街着としての和服ですから、カジュアルな華やかさと楽しさがあって、着ている人が可愛く見えるのでしょう。それでも、祇園近くの四条通りで見かけた芸妓さんは、着物は地味っぽかったのですが、日本髷の存在感もあって、本物感が違っていました。