LOADING

Month: 2018 January

2018.01.10 Wed

「北朝鮮の名目国内総生産(GDP)は1兆8000億円程度で、日本の鳥取県や高知県などの名目県内総生産とほぼ同額にすぎない。米国のGDPと比べると約1000分の1だ。経済規模で見れば、まるで日本の地方自治体が世界一の大国にケンカを売っているような格好で、その無謀さは明らかだ(産経ニュース)」と言うのですが、鳥取県は、住民の健康で安全な暮らしを保証してくれていますが、北朝鮮の人たちは、どんな悲惨な境遇に置かれているのか、想像すらできません。一国のリーダーは、国民の生活を守ることが、その地位にある者の使命でしょう。

 

2018.01.09 Tue

「中国で日常生活のあらゆるシーンから現金を使う支払いが消える『キャッシュレス化』が猛烈な勢いで進行している。銀行口座に直結したスマホが主役だ。アリババが運営する『支付宝(アリペイ)』など複数のサービスに延べ12億人が登録。決済額は2016年に約35兆元(約610兆円)、17年は倍増した【河崎真澄の緯度経度】(産経ニュース)」で、「スマホ、監視カメラ…中国は今、ジョージ・オーウェルの『1984年』の世界」だと語っています。確かに、あらゆる決済がスマホでできてしまうようです。一方、日本はと言うと、未だに現金決済、現物重視のようです。確かに、若い層では、電子決済はある程度普及していますが、オヤジやオバサン世代になると、まだまだの感があります。同じ産経ニュースのコラムで、「圧倒的物量のわいせつDVD工場摘発 ダウンロード全盛時代なのに…日本だけの特殊な裏ビジネスモデル」というのがありました。どうも我ら日本人のおのこは、形あるものにしか所有欲を満足させられないようです。なんともはや・・・。

2018.01.05 Fri

あけましておめでとうございます。

 

2018年の仕事始めは、生憎の雨模様でした。気温も低く、この先の荒れ模様を予言するようです。日本を取り巻く極東アジアは、アメリカと北朝鮮の睨み合い、中国の韓国への恫喝と、予断を許さない状況が続いています。世界でも稀に見る平和国家となった日本は、来年5月、平成から次の御代に移行しますが、平成天皇には、残りの在位期間の1年4ヶ月を穏やかにお過ごしいただきたいと祈念します。何はともあれ、1日1日、メリハリのある日々を過ごしたいものです。

2018.01.01 Mon

2018年の元旦の大阪は、見事な日本晴れでした。風もなく、澄み切った空には、白い雲がぽっかりと浮かび、我が家の窓から遠望できる六甲山は、春霞のように霞んでいました。この平和な景色を見続けられることを願っています。この一年、世界は激しく動くでしょう。日本もその渦に否応無しに巻き込まれてしまいます。人類が悲惨な破滅への道を歩まないことを祈るばかりです。