LOADING

Month: 2017 August

2017.08.30 Wed

「実際に小池新党が衆議院選に進出したとして、どのくらいの議席数を獲得する可能性があるのだろう。いくら都議選で勝利したとは言え、しょせんは一地方選挙、国政も同じようにいくとは思えないのだが。都議選で獲得した188万票をベースに考えると、現状でも全国で50議席前後の獲得は見込めると小池知事周辺の選対関係者は話しています。東京だけでも衆議院の議席は、小選挙区で25、比例で17。もし25の小選挙区すべてに候補を擁立した場合、比例でも6~8議席は獲得が見込め、20議席近くになり、他の地域での議席も含めれば、50議席前後は固いという計算(DIAMOND ONLINE)」だそうですが、そうは問屋が降ろさないでしょう。小池都知事は、就任後何か目覚ましい活躍をしたでしょうか?否というのが現状です。都民が「都民ファーストの会」に投票したのは、東京都議会の自民党議員団が横暴だったからでしょう。地方選挙と国政選挙は別物です。東京都民が小池新党の候補者に多少票を投じたとしても、神奈川県民や埼玉県民がこぞって投票するとは思えません。民主党が政権を取った時との違いは、安倍政権への不信任はさほど国民に浸透しているわけではなく、一部の新聞とTVのニュースショーが、足を引っ張っている程度だからです。安全保障が重要な政治課題になっている現在、国政を担える党が他にあるとも思えません。

 

 

現代自動車の中国工場4カ所が稼働を中断した。部品企業が納品を拒否したからだ。高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に対する中国の報復で販売が振るわず、代金の支払いが遅れているからだ。 現代車によると、現代車の中国合併法人の北京現代は現地第1-4工場の稼働を中断した。第5工場(重慶)があるが、昨年下半期に竣工して現在は試験稼働中であるため、事実上、中国内の乗用車生産工場はすべて停止している(中央日報)」ということですが、蝙蝠外交のツケがいよいよ現実のものになってきました。そりゃあ、前大統領と前国連事務総長が揃って中国の軍事パレードを見物しておきながら、北の挑発もあって、THAADを配備することにしたのですから、中国に報復されても、身から出た錆としか言いようがありません。韓国財閥企業の一方の雄である現代自動車がこけたら、韓国経済は持たないでしょう。その時、日本にすり寄って来られても困りますが、はてさて、この先ムーン大統領はどうするつもりなんでしょう?

 

 

前日のミサイル発射の際の韓国の対応を見ると、「日本の安倍晋三首相は29日早朝に北朝鮮の弾道ミサイルが日本の上空を通過したことに関連し、米国のドナルド・トランプ大統領と電話会談を実施した(朝鮮日報)」のですが、「一方、青瓦台(韓国大統領府)の関係者によると、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領はこの時点で米・日という重要な安全保障同盟国との電話会談を実施する予定はなかった」ということです。これって、北朝鮮の挑発は、韓国ではなく、アメリカおよび日本の米軍基地がターゲットだということでしょう。この際。蚊帳の外でも構わないとムーン大統領も思っているのかもしれません。そのうち、米軍は韓国から撤収するかもしれません。韓国がそれを望むのか?あるいは、アメリカが韓国を見限るのか?何れにしても、対北朝鮮戦争の際の最前線は、グアムと日本の米軍基地になりそうです。普通に考えれば、空軍力では北朝鮮はアメリカに敵いっこありません。地上戦になった時も、米軍は同じ土俵で戦うことはしないでしょう。北朝鮮は、「ソウルを火の海にする」と言っているそうですが、そんなことをしても北朝鮮の得にはなりません。ソウルが火の海になったとしても、アメリカが攻撃の手を納めるはずがありません。戦争になれば、自国の損害を最小限に抑えることが最優先されるべきで、狙うべきは敵の軍事基地であり、それ以外を攻撃しても、弾の無駄のはずです。北朝鮮の恫喝は、いつもいささか漫画じみているのですが、軍人はもっと冷静に戦争を遂行するはずで、つまり、勝ち目のない戦さはしないというのが大前提です。ただ、テロリストは話が別です。かの国が、テロ支援国家に指定されていることがやや心配ではあります。

2017.08.29 Tue

「北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け、政府は29日朝、全国瞬時警報システム『Jアラート』を通じて北海道や東北、北関東など12道県の計617市町村に発射と上空通過に関する情報を2回にわたって伝達した。総務省消防庁は、自治体との情報の送受信は正常に行われたと説明している。ただ、北海道えりも町や新潟県糸魚川市などでは、Jアラートに連動して住民に情報を周知する防災行政無線などが作動しなかった(YOMIURI ONLINE)」ということですが、Jアラートって、いまいち役立たずの印象があります。地震や津波、火山の噴火とかの気象関係の緊急情報を、国(消防庁)から住民に瞬時に伝達するのには役立ちそうですが、発射後4・5分で日本に到達するミサイルは間に合わないようです。それにしても、今朝のTV各局は、通常番組の内容を変更して、北朝鮮の弾道ミサイル発射を延々と放送していましたが、あれって、やぶ蛇になるような気もします。北朝鮮が弾道ミサイルを発射するたびに、あんな風に空騒ぎをしていたら、そのうち、「またか」になって、実際に危機が迫った時に、国民が「狼少年」的な対応をしないとも限りません。今回のミサイル発射実験の報道姿勢としては、事実の報道と我が国、および同盟国の対応について、いたずらに危機感を煽る演出なしに淡々と報道すればよかったと思うのは、私一人でしょうか?「ひよっこ」を飛ばすほどのことはなかったように思います。とはいうものの、あれだけ危機感を煽ったニュース番組のあとで、半世紀も前ののどかな時代のお話を放送するっていうのも、どうかなとは思いますが・・・。

 

2017.08.28 Mon

「まず1万円札の廃止を」-。米ハーバード大のケネス・ロゴフ教授(64)は、「国際通貨基金(IMF)でチーフエコノミストを務めた経験もあるマクロ経済学のスペシャリストだ。ロゴフ氏は『現金の利便性を確保しつつ、地下経済に関与する企業や個人が大口の現金取引をおいそれとはできないようなシステムを設計する必要がある』と訴える。日本に対して、5~7年程度かけて、1万円札のほか5000円札を廃止し、現金の少ない社会に移行することを提案している(産経ニュース)」のですが、日本人はクレジット決済を敬遠する傾向があり、「いつもニコニコ現金払い」する方を好みます。それって、「宵越しの金は持たねぇ」江戸っ子気質の名残でしょうか?ま、クレジットカードも、1日の消費限度額を決められるようになれば、1万円札がなくなっても大丈夫なような気がします。

2017.08.24 Thu

「世界ボクシング評議会(WBC)は15日の世界バンタム級タイトルマッチで山中慎介(帝拳)を破って新王者となったルイス・ネリ(メキシコ)が試合前に行ったドーピング検査で禁止薬物ジルパテロールに陽性反応を示したと23日、公式サイトで発表した(産経ニュース)」ってことですが、この場合は、ネリのタイトル剥奪になるのでしょうか?それとも、山中の防衛になるのでしょうか?あのぶん回しボクシングで、たまたまラッキーパンチが当たってちょっとぐらついたところで、セコンドからタオルが投げ入れられたのですから、山中としても不本意な試合だったでしょう。いずれにしろ、続報が待たれます。

2017.08.23 Wed

「トランプ米大統領は22日、西部アリゾナ州の集会で演説し、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が『我々に敬意を払い始めたのではないか』とした上で『何か前向きなことが起きるかもしれない』と語った。具体的には言及しなかったが、北朝鮮の核・ミサイル開発問題の外交解決に向けた水面下交渉の進展を示唆した可能性がある(YOMIURI ONLINE)」ということのようですが、さしものキムくんも、「今回はこれくらいにしといたろか」と思ったのでしょうか?それとも、「これ以上やったら、シャレにならん」とビビり出したのでしょうか?「ごめん、ごめん、ジョーダンでんがな」と今更言っても、アメリカも冗談とは受け取ってはくれないでしょう。

 

 

「非営利であるのであれば、営利目的企業である一新聞社にすぎない朝日新聞社が主催に名前を連ねるべきではなく、高野連が単独主催すればよい話である。また、非営利であったとしても、高野連が放映権を販売するのは問題なく、一方で甲子園球場に対して適正なコストを払うことも可能である。アマチュアビジネスの商業化の是非はあるものの、人の善意に付け込み、それを朝日新聞社やNHKが『タダ食い』している現状を許すよりは格段に良いと私は考える」と、「iRONNA(いろんな)http://ironna.jp」で、経済評論家の渡邉哲也さんが、「球場使用料も放映権もタダ!『高校野球ビジネス』はこんなにおいしい」と題したコラムで語っています。高校野球に限らないとは思うのですが、アマチュアスポーツ大会の主催者に新聞社が名を連ねるのは、広報媒体として、新聞を利用したい競技団体側の思惑と新聞社の拡販の思惑が合致するからでしょう。それにしても、「高校野球」はビッグビジネスになりすぎた感があります。サッカーの世界的競技団体であるFIFAを見習えとまでは言わないものの、高野連も、運営方法、収支の見直しをかけるには、いい時期でしょう。朝日新聞には、この際、主催者から降りてもらいましょう。とはいうものの、朝日新聞もこんな美味しい金づるを簡単には手放さないでしょうが・・・。そいういえば、うちの実家では、春の選抜の時期には毎日新聞を、夏の高校野球の時期には朝日新聞をとっていたように記憶しています。なんでそうなるのか、聞いたこともなかったのですが、おそらくその時期だけは、近所の新聞販売店が、無理やり新聞を変えさせていたようです。ま、母も人が良いというか、押しに弱いというか・・・。