LOADING

2017.11.08 Wed

「独島エビメニューと元慰安婦婆さんの晩餐会出席」の記事は、今朝は各紙とも掲載していました。しかし、朝の10時段階で、トップ記事に残っているのは産経ニュースとYOMIURI ONLINEだけです。朝日新聞は、本紙でも国際面のほんの小さな囲み記事でした。アメリカ側は、晩餐会のメニューとか出席者の人選について、口を挟むことはないのでしょうか?「元慰安婦女性が招待された上、竹島(島根県隠岐の島町)の韓国名である『独島』を冠したエビ料理がメニューに登場した。大統領府側は、メニューに込めた『調和』のメッセージを強調したが、米首脳を歓待する場に、日本との“紛争の種”を持ち出したことは、外交非礼に当たりかねない(産経ニュース)」どころか、無礼千万でしょう。「日米両国が成功裏に首脳会談を終えた直後に、トランプ氏の訪韓に合わせ慰安婦問題や竹島の領有権などでの自国の主張をアピールした韓国政府。その露骨な手法が、今後の日韓関係に影響を及ぼす可能性は否定できない(産経ニュース)」と私も思うのですが・・・。

 

 

「ダイソンは、日本での掃除機市場シェアについて、今後3年のうちに金額ベースで50%を獲得すると明言している。ダイソン製掃除機の国内シェアは、16年の数量ベースで20%弱だが、コードレス掃除機に限ればすでに50%を超えているという。掃除機の出荷台数は、東芝ライフスタイル(16年シェア25.2%)、パナソニック(同23.5%)、日立アプライアンス(同22.9%)の3社並立状態だが、販売の現場では主役が交代した。アイロボットやダイソンが急速に存在感を増している。日本の掃除機の市場は、ダイソンのコードレス掃除機、アイロボットのロボット掃除機が制覇する勢いだ。国内勢は巻き返すことができるのだろうか(Business Journal)」ということですが、我が家の掃除機もダイソンのコードレス掃除機とアイロボットのロボット掃除機「ルンバ」です。