LOADING

2017.11.06 Mon

「英誌『エコノミスト』のシンクタンクである『エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)』が10月12日(現地時間)に発表した『世界の都市安全性指数ランキング2017』によると、(中略)最も安全な都市には89.80点を得た東京が選ばれた。以下、シンガポール(89.64点)、大阪(88.87点)、カナダ・トロント(87.36点)、オーストラリア・メルボルン(87.30点)が後に続いた(朝鮮日報)」ということなんですが、日本のメディアは、なぜこれを報道していないのでしょう?いずれにしても、大阪が3位に入っているのは、喜ばしい限りです。真夜中に、女性が一人で歩いていても、襲われる危険性が低い都市って、そんなにないでしょう。そんな大阪ですが、先日久しぶりに、本物の浮浪者というか、これぞルンペン!に出会いました。かなり前から異様な臭気に気づいていたのですが、その人物の周りだけは、異様な空気が漂っていました。 ルンペンの語源は、布切れやボロ服を意味するドイツ語「Lumpen」だそうですが、ホームレスとは一線を画す存在感を発散していました。