LOADING

2017.08.29 Tue

「北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け、政府は29日朝、全国瞬時警報システム『Jアラート』を通じて北海道や東北、北関東など12道県の計617市町村に発射と上空通過に関する情報を2回にわたって伝達した。総務省消防庁は、自治体との情報の送受信は正常に行われたと説明している。ただ、北海道えりも町や新潟県糸魚川市などでは、Jアラートに連動して住民に情報を周知する防災行政無線などが作動しなかった(YOMIURI ONLINE)」ということですが、Jアラートって、いまいち役立たずの印象があります。地震や津波、火山の噴火とかの気象関係の緊急情報を、国(消防庁)から住民に瞬時に伝達するのには役立ちそうですが、発射後4・5分で日本に到達するミサイルは間に合わないようです。それにしても、今朝のTV各局は、通常番組の内容を変更して、北朝鮮の弾道ミサイル発射を延々と放送していましたが、あれって、やぶ蛇になるような気もします。北朝鮮が弾道ミサイルを発射するたびに、あんな風に空騒ぎをしていたら、そのうち、「またか」になって、実際に危機が迫った時に、国民が「狼少年」的な対応をしないとも限りません。今回のミサイル発射実験の報道姿勢としては、事実の報道と我が国、および同盟国の対応について、いたずらに危機感を煽る演出なしに淡々と報道すればよかったと思うのは、私一人でしょうか?「ひよっこ」を飛ばすほどのことはなかったように思います。とはいうものの、あれだけ危機感を煽ったニュース番組のあとで、半世紀も前ののどかな時代のお話を放送するっていうのも、どうかなとは思いますが・・・。