LOADING

2017.07.06 Thu

「サッカーのスペイン1部リーグのバルセロナは5日、所属するアルゼンチン代表FWのスター選手、リオネル・メッシ(30)との契約を2021年6月30日まで延長することで合意したと発表した。(中略)週給は50万ユーロ(約6400万円)との報道もある(CNN.co.jp)」っていうのですが、年収6400万円でも、十分に「スゴ!」なんですが、週給6400万円ってことは、日給914万円ですが、毎日試合がある訳でないので、週に2回試合があるとして、1試合で3200万円のギャラってことでしょうか、ま、TVの放映権料などを考えたら、それくらい払っても、どうってことないのでしょう。

「スウェーデン自動車大手ボルボ・カーは、2019年以降に発売する全ての車種を、電気自動車(EV)などの電動車にすると発表した。世界的な環境規制を受け、ガソリンやディーゼルのエンジンだけを搭載した車種は発売せず、全面的に電動化を進める方針だ(YOMIURI ONLINE)」というのですが、いかにも環境先進国スウェーデンの自動車メーカーらしい決断です。といっても、EVだけではなく、プラグインハイブリッド車(PHV)、ハイブリッド車(HV)も販売するようですから、一気にガソリンエンジンをなくすって訳ではなさそうです。「ボルボの16年の世界販売台数は約53万台」だそうですが、2016年の世界の自動車販売ランキングは、
10位 スズキ/販売台数288万台
9位 PSA プジョー・シトロエン/販売台数297万3000台
8位 FCAフィアット・クライスラー/販売台数 461万台
7位 ホンダ/販売台数471万台
6位 フォード・モーター/販売台数663万5000台
5位 現代自動車/販売台数776万台
4位 ルノー・日産アライアンス/販売台数852万8000台
3位 GMゼネラル・モーターズ/販売台数984万台
2位 フォルクスワーゲン グループ/販売台数993万台
1位 トヨタグループ/販売台数1015万1000台
となっており、このままでは、日本車やドイツ車に駆逐されかねないとの危機感があるのでしょう。