LOADING

Month: 2011 February

2011.02.28 Mon

今日で2月も終わりです。春がそこまでやって来たような温かい雨が降っています。景気もやっと底を打って、少しずつ上向いてきたと思った矢先に、チュニジア、エジプトと、長きにわたった独裁政権が倒され、北アフリカ情勢が不安定になっています。リビアのカダフィー体制崩壊も時間の問題となり、さらに、中東の国々でも、民主化要求のデモが起こっているそうです。北アフリカ・中東情勢は流動化しています。この先安定した政権が出来るまでかなりの紆余曲折があるでしょう。天安門事件後、同国内の民主化運動は圧殺されていますが、中国にも民主化要求のデモが飛び火するかも知れません、と思っていたら、「今月に入って2度目の民主化要求デモが計画されていた中国の北京で27日、大量の警察官が動員されて厳戒態勢を敷き、再びデモの動きを封じ込めた(CNN.co,jp)」と報じています。中国さらに北朝鮮のような国にも、民主化の波は必ず押し寄せるでしょう。これこそ20世紀が終わって21世紀になった証です。第2次大戦後の20世紀後半に誕生して、長らく変わることのなかった独裁体制が音を立てて瓦解するのは、ニュージーランドの地震と同じで、驚きではあっても起きるはずのない出来事ではありません。地震では美しい街並みが破壊されましたが、何年か後にはまた復興されるでしょう。しかし、独裁体制を打倒した後の民衆は、今後どのような形で国家を再生させていくのでしょう。軍やイスラム原理主義勢力が政権を握るような国家にならないことを祈ります。目を我が国に転じると、独裁国家ではないにしても、長年続いた自民党政権を打倒して政権交代したはずの民主党が迷走し続け、なかなか政権として確固とした基盤を築けないままです。このまま、来年度予算が成立しなければ、様々な部分で政権交代以前に戻ってしまいかねません。なんとも困った事態になったものです。

2011.02.25 Fri

「総務省が25日発表した1月の全国消費者物価指数は、生鮮食品を除いた総合指数(2005年=100)が99.0となり、前年同月より0.2%下がった。下落は23カ月連続で、モノやサービスの価格が下がり続けるデフレが長期化している(asahi.com)」というのですが、こんなに下がり続けて大丈夫なのかと、今さらながら思います。昨夕、梅田のヨドバシカメラのTV売り場を覗いたのですが、40型の液晶TVが5万とか6万円の値札を付けていました。いくら量産効果があると言っても、こんなに安くって大丈夫なんでしょうか?ただ、日本のメーカーは3D対応のTVに注力しているようです。少しでも高付加価値の商品で、値崩れを防ごうということでしょう。しかし、3Dテレビはメガネを掛けて見なければならないだけでなく、そもそも3Dコンテンツがほとんどない現状では、あまり食指が動きません。わが家のTVは当分今のままでいいかと思い直しました。

昨日はマスメディアン主催のセミナーを聴講しました。講師は、ユニークな経営をされている「ENJIN」の中澤社長。この会社は、いわゆるクリエーティブエージェンシーですが、部課といった社内組織も、当然のことながら役職もなく、いわゆるAEもいないそうです。アイデアの売り込みで仕事を獲得するのがこの会社のやり方だそうで、競合プレゼンは一切受けないとか。すべての業務がクライアントへのアイデアの提案からスタートし、オーナーと呼ばれる案件ごとのキーマンがプロジェクトを組み、1人何役ものマルチプレーヤーとして大がかりなキャンペーンなどもこなしているようです。また、成果の分配にも、経営者、社員の双方が納得できるフェアな評価制度を持っているということでした。大阪で同じようなやり方が通用するとも思えませんが、なかなかユニークな会社です。確かに、出来て3年半の若い会社ですし、終身雇用制ではないのでしょうが、企業の継続性を考えたとき、10年後、20年後はどうなっているのか興味はあります。とはいうものの、その頃まで私自身が現役でいるとは思えませんが・・・。

2011.02.24 Thu

「インターネットの『住所』を表すIPアドレスが枯渇したとのニュースが2月3日、世界中を駆け巡った。『それで結局どうなるのか』『新規のネット利用ができないということなのか』。そんな疑問が残った(日経ビジネスONLINE)」のは、私も同じです。「全世界のIPアドレスは米国に本部を置く団体『ICANN』が一元管理している。(中略)ICANNは世界を5つに分けたブロックごとに設置した各地の管理団体を経由してIPアドレスを分配している。2月3日、各団体へ最後の分配を行い、在庫がカラになったと発表した」のだそうです。ところで、今回カラになったIPアドレスは「IPv4」で、10年余り前から「IPv6」の導入が少しずつ進んでいて、しかも、この「IPv6」は、「全部で約340澗(10の36乗)通りの組み合わせがある」らしく、ほとんど枯渇する心配はないとのことです。ちなみに、潤(かん)37桁という桁の名前を初めて知りました。今後は、いろんなものにIPアドレスが割り当てられ、世界中からインターネットを通じてアクセス出来るようになるというのですが、いまいちピンと来ません。

2011.02.23 Wed

「ニュージーランド南部のクライストチャーチ付近で22日に起きた地震で、同市のパーカー市長は23日、死者は65人から75人に増え、行方不明も約300人に上っていると述べた。キー首相は同日、国家非常事態を宣言した(asahi.com)」のですが、神戸淡路大震災に較べて、被害者の数の少ないことに驚きました。やはり、ニュージーランドは地震対策がしっかりなされていたのでしょうか?クライストチャーチはニュージーランド第3の都市ですが、人口は376,700人(2010年)ですから、今回の地震で生き埋めになった語学学校の日本人留学生の出身地である富山市の417,637人(2011年)よりも少ないのですから、被災者の数の少なさと地震の被害の大きさは単純に比較できないでしょう。ニュージーランドはいつか行って見たい国の一つです。若い頃からフライフィッシングを趣味としていたので、一度はブラウントラウトを釣りに行きたいと思っていました。南島の南端にあるミルフォードトラックもトレッキングのメッカとして世界中のバックパカーのあこがれの地です。歳をとってからでは、存分に楽しめないでしょうが、今回の地震からの復興をこの目で確かめるためにもいずれ訪問したいと思います。その前に少しですが募金しておきました。救世軍で募金を受け付けています。日本語のヘルプページ(http://www.salvationarmy.or.jp/donation/donation_help.html)もあります。

2011.02.22 Tue

「毎日の通勤・通学に地下鉄を利用している人の中には、ホームでは通信できるものの、トンネルに入る度に『圏外』となり、メールの送受信やコンテンツのダウンロードなどが強制的に切断されてしまうことに不満を感じることがあるかと思われますが、携帯電話メーカーが地下鉄のトンネル内でも携帯電話を利用できるように基地局を自社負担での整備を打診した(Gigazine)」っていうのですが、この話はイギリスでのことのようです。いずれにしても、地下鉄のトンネルの中ぐらい携帯の電波が届かなくてもなんの問題もないと思います。駅で列車が止まっているときに電話が掛かってきて、列車が動き始めても大声で話している人が、急に通話が途切れて、ぽかんとしているのを何度も目撃したことがあります。こういうのは大抵若いニーちゃんかおばさんと相場が決まっています。電車の中でこちらから電話を掛けるという、とんでもない暴挙に出るのは、大抵ギャルかおっちゃんです。それにしても、電車の中で座席に座っている人の大半が携帯の画面を眺めているという光景が一般的になったのはいつ頃からなんでしょう?ついこないだのようにも思えますが、かなり前からそうだったようにも感じます。