LOADING

2011.04.28 Thu

「昨年1年間に、警察庁の委託でサイバー空間を監視する『インターネット・ホットラインセンター』に寄せられた違法・有害情報は、前年より1万715件増加し、過去最多の4万4683件に上ったことが28日、同庁のまとめでわかった。(中略)約8割は児童ポルノや他人名義の預金口座、携帯電話の売買などに関する違法な情報だった。残りは集団自殺の勧誘など、直ちに違法とは判断できないものの、他人に危害を加える恐れのある有害情報だった(読売新聞)」ということなんですが、ネットのダークサイドは 相変わらずとんでもない状態です。そういえば、今回の大震災に関しても、チェーンメールや詐欺サイトへの誘導メールが出回ったようです。便利さの陰にはこういうマイナス要因があるのは、何でも同じでしょうが、せっかく世界中が同時に同じ情報にアクセスできるというコミュニケーション手段なのですから、悪用する輩には厳罰で臨んでもらいたいものです。

いよいよゴールデンウィークが始まるのですが、明日はアメリカから姪っ子夫婦が一時帰国したとかで、母を交えて夕食会をすることになっています。明後日は母の医者通いの付き添い。明明後日は今年初めての甲子園詣でと、前半は一応予定が入っていますが、後半の3日から5日は白紙状態です。東北がもう少し近ければ、ボランティアに行くのですが、片道900kmとなると、ちょっと腰が引けてしまいます。「昨年のGWの国内、海外旅行と比較したJTBの調べによると、国内旅行者は昨年の2169万人に対し今年は1566万人(推定)で30%減、海外は昨年の51万人に対し今年は43万人(同)で15%減に落ち込んでいるという(J CASTニュース)」ことなのですが、「そんななかで応募が殺到したツアーがある。都民向けに東京都が主催する『被災地ボランティアツアー』で、東京ボランティア市民活動センターの受付窓口となったウェブサイトは、受け付け開始後10分足らずで200人の定員をオーバーして締め切られた。4月29日から6泊7日で宮城県の被災地でガレキ撤去や泥のかき出し、物資の輸送作業などを行い、参加費は2万5000円」だそうです。被災地近くの温泉旅館なども閑古鳥が鳴いているそうですから、いっそ週末ごとに、2泊3日(金曜夕刻出発、温泉旅館泊、土曜朝からボランティア活動、温泉旅館泊、日曜夕刻までボランティア活動、夕刻出発)のボランティアツアーを継続的に実施したらいいのではと思います。でも、関西圏からのツアーは距離的に難しいでしょう・・・。