LOADING

2011.04.13 Wed

「米原子力規制委員会(NRC)のヤツコ委員長は12日、事故の深刻さを示す暫定評価が最悪の『レベル7』に引き上げられた福島第一原子力発電所について、事態は『静止』状態だが『安定』状態には至っていないとの見方を示した(CNN.co.jp)」っていうのですが、おかしなもので、海外からの情報の方が信憑性があるように感じるのは私だけでしょうか?「ヤツコ委員長は、静止状態は『一日単位で大きな変化はみられない』ことを意味し、安定状態とは『今後何かが起きたような場合、さらに大きな問題が生じる恐れがない』ことだと説明」しています。日本のマスコミは、次々に起こる事態を危険度、重要度に関係なく報道するので、それがどの程度大変なことなのかよく分かりません。この際、重大事から大したことのない事象までを7段階に分けて、この件はレベル3だとかレベル4だとか、記事の前にレベル表示を記入してもらいたいものです。