LOADING

2011.03.31 Thu

「Googleが一般的な光ファイバーを用いた通信回線(100Mbps)の約10倍にあたる1Gbpsの通信速度を実現した超高速通信サービス『Google Fiber』を格安で提供することを昨年2月に発表しましたが、ついにサービス開始に向けて動き始めたことが明らかになりました(Gigazine)」と言っても、アメリカでの話ですが、「検討の結果Googleはカンザス州のカンザスシティーで同サービスを実施することを決定し、現地時間の2011年3月30日にカンザスシティーとの開発協定に署名した」ようです。カンザスシティーといえば、20年前に一度行ったことがあります。当時と現在で、どの程度変わっているのか分かりませんが、ほとんど平地の中西部の田園地帯の中をミズーリ川が流れていて、ミズーリ州側のカンザスシティーの方がカンザス州側より発展していました。しかし、今回の1Gbps光ファイバー通信回線がカンザス州側のカンザスシティーで試験的に提供されるのには、それなりの理由があったのでしょう。「Google は、通信インフラが比較的容易に敷設可能で、地元コミュニティに大きな影響を及ぼし、地元の自治体や各種組織と関係を構築できる地域を選ぶとしていた(japan internet.com)」らしく、ちょうどよい規模の街だったのでしょうか。

弥生3月も今日で終わり、いよいよ春本番ですが、今年の春は盛り上がりに欠ける春になりそうです。今朝、堀川小学校前の街路樹の桜がちらほらと咲いていました。花見で浮かれるのは憚られる昨今ですが、春らしく気分一新するために、オフィスの模様替えをする予定です。