LOADING

2011.03.22 Tue

昨日午後、わが家に小包が届けられました。開けてみるとMacBOOK Airが入っていました。わが家のMacBOOK PROが3世代ほど前のOSのため、そろそろ現役引退の時期に来ていることを知って、東京にいる息子が贈ってくれたものです。箱の中には、本体と小冊子とリカバリー用のCD-ROMの代わりにUSBメモリーが入っていました。早速起動ボタンを押してみると、いろんな言葉でWELCOMEの文字が現れます。一通りスターティングムービーが終わると、赤紫っぽいオーロラのようなデスクトップが現れました。デスクトップ上にMacintosh HDのアイコンが見あたりません。あらかじめインストールされているアプリケーションで使えるのは、SafariとMailくらいしかありませんので、Mailのアカウントを設定して、さてインターネットに接続しようとしたら、Ethernetの口がありません。無線LANでしかネットワークにアクセスできないようです。ま、わが家は無線LAN環境にしてありますから、問題ないはずだったのですが、大問題はモデムのパスワードが見つからないことでした。MacBOOK PROのどこかに保存しているはずですが、どこにも見あたりません。やはり、こういうものはアナログのメモで保管しておく方がいいようです。いろいろ探し回って、やっとそれらしきものを発見。何とかインターネットにアクセスできました。とりあえず壁紙を変更するために、Dropboxをダウンロードしてインストール。MacBOOK PROからDropboxのフォルダに敬愛するアルベルト・ジャコメッティの彫像の画像をアップロードして、MacBOOK AirのDropboxからダウンロード。データのやりとりはiPadと同じです。壁紙の設定は比較的スムーズに終了。ついでにFirefoxもインストール。次に、miをインストール。これはなかなかよくできたテキストエディターです。とりあえずブラウザとメーラーしかないのですが、今後どんなソフトをインストールすべきか悩みどころです。なにしろiPadのアプリは数百円から数千円ですが、Mac用のソフトは安くても数万円はします。ま、ソフトは必要になった時に購入することにします。弊社のサイトにアクセスしてみると、な・なんと、FLASHが表示されません。MacBOOK AirにはFLASHがあらかじめインストールされていないようです。どうしてもFLASHを見たければ自分でインストールしろってことのようです。ま、こちらも少し研究してからにしようと、インストールは一旦取りやめにしました。それにしてもバッテリーの減りが早いようです。何だかんだと作業していると、みるみる残量が少なくなってきました。一応ほぼなくなるまで使い切ってから充電することにしていたのですが、そろそろACアダプターをセットしてもよさそうです。このACアダプターは結構嵩張ります。こんなにバッテリーの減りが早いと、ACアダプターも持って外出しないと、途中で電源切れになってしまうかも知れません。iPadのACアダプターの4倍くらいの体積です。背広のポケットに入れるには大きすぎます。モバイルで使用する人にとっては、バッテリー稼働時間の短さは結構厳しい問題でしょう。今日は帰宅途中にヨドバシカメラに寄って、ハードケースを買うつもりです。