LOADING

2011.03.05 Sat

「15日後場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は大幅安。下げ幅は一時1260円となり8360円まで下げた(日経新聞Web刊)」のですが、こんなに急激に株価が大きく下落したのは、外国人投資家が日本株から手を引いているのでしょう。元々実体経済とは無関係に日本企業の株を売買していたのですから、この際国際取引を中止してもいいんじゃないでしょうか?いわゆる投資ファンドのような外国人投資家に日本経済をいいように喰い物にされていたのですから。

今朝知った原発事故に関する最も重要かつ有意義な情報がこれです。「MIT研究者Dr. Josef Oehmenによる福島第一原発事故解説 ( http://blog.livedoor.jp/lunarmodule7/archives/2406950.html )」。このレポートを読めば、現在原発で起こっている非常事態とそれに対処している人たちの作業内容がすべて分かります。いたずらに不安を煽るようなマスコミ、特にTVの報道では分からなかった真実が書かれています。