LOADING

2011.02.24 Thu

「インターネットの『住所』を表すIPアドレスが枯渇したとのニュースが2月3日、世界中を駆け巡った。『それで結局どうなるのか』『新規のネット利用ができないということなのか』。そんな疑問が残った(日経ビジネスONLINE)」のは、私も同じです。「全世界のIPアドレスは米国に本部を置く団体『ICANN』が一元管理している。(中略)ICANNは世界を5つに分けたブロックごとに設置した各地の管理団体を経由してIPアドレスを分配している。2月3日、各団体へ最後の分配を行い、在庫がカラになったと発表した」のだそうです。ところで、今回カラになったIPアドレスは「IPv4」で、10年余り前から「IPv6」の導入が少しずつ進んでいて、しかも、この「IPv6」は、「全部で約340澗(10の36乗)通りの組み合わせがある」らしく、ほとんど枯渇する心配はないとのことです。ちなみに、潤(かん)37桁という桁の名前を初めて知りました。今後は、いろんなものにIPアドレスが割り当てられ、世界中からインターネットを通じてアクセス出来るようになるというのですが、いまいちピンと来ません。