LOADING

2011.01.21 Fri

「ネット検索大手米グーグルは20日、会長兼最高経営責任者(CEO)のエリック・シュミット氏が4月でCEOを降板し、後任に創業者のラリー・ペイジ氏を昇格させる人事を発表した(CNN.co.jp)」のですが、これで一層グーグルが過激になるのか、それとも大人しくなるのか、見物です。それにしても、グーグルはアップルとは違った意味で唯我独尊です。まるで世界を自分たちがイメージする形に作り替えようとしているかのようです。彼らのイメージでは、著作物は万人のものという気がします。Androidを無償にすることで、世界中のパソコンメーカーがスマートフォン戦線に参入し、いまやアップルのiPhoneの牙城を脅かす勢いですが、グーグルは検索サイトでは広告ビジネスを成功させて、しっかり金儲けしているとはいうものの、スマートフォン用OSでは、どうやって利益を出すのでしょう。