LOADING

2011.01.12 Wed

昨夕の堀川戎は残り福を求める老若男女で大変な人出でした。なんとか参拝を終えて、福笹に鯛の人形をつけてもらい、いくらまけてもらえるかという恒例の交渉を新人にやらせました。なんと鯛7個つきで4000円でした。彼女はかなりの交渉上手と言えそうです。ちょうどおなかも空いていたので、帰りに屋台のお好み焼きを食べました。が、これがいけません。なんとお好み焼きが冷たいのです。いくら作り置きしておかないと間に合わないからといって、冷たいお好み焼きを客に出すのは商売人として論外です。商売の神様のお祭りだけに、もう少しまっとうな商品を売ってもらいたいものです。