LOADING

Month: 2010 March

2010.03.31 Wed

「31日前場の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、終値は前日比33円84銭(0.30%)高の1万1130円98銭だった。前日の米株高に加え、外国為替市場で円安・ドル高が進行していることが相場全体の買い安心感につながった(日経新聞WEB版)」ようです。円相場は1ドル/93円台ですが、これでも以前の110円 ~120円のことを思えば、まだまだ相当な円高です。今後100円台まで戻ることはあるのでしょうか?

「スマートフォンを使ったARシステムの代表例は、IT(情報技術)ベンチャーの『頓智ドット』が開発した『セカイカメラ』だ。2009年にiPhone向けに公開されるや世界中で評判となり、米グーグルなども同様のソフトを提供する中で、ARソフトとして最も認知された存在となった(J CASTニュース)」ようです。日本発のアプリが世界標準になったというのも快挙ですが、AR(拡張現実)という概念そのものが凄いと思います。何しろ、見たままの風景に解説やらコメントやらが表示されるのですから、そのうち、このARの技術がメガネに組み込まれて、見ているすべてのものにネームタグがつけられるようになるんじゃないでしょうか?

2010.03.30 Tue

「30日後場寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は昨年来高値(1万0996円)を上回る1万1000円台まで上げ幅を拡大している。企業業績の先行きに対する期待感が相場を引き続き支えている(日経新聞WEB版)」ようですが、1万1000円台になったのは、日本の景気が回復している証拠なんでしょうか?株式相場以外に日本経済の現状を示す指標はないのでしょうか?国内消費はわずかながら上向いているようには思います。子供手当を始めとする新年度予算への期待感が、消費マインドの冷え込みを幾分かでも緩和して、財布のひもを緩めさせたのでしょうか?マスコミが連日煽っているほど、民主党政権は無能、無策ではないと思います。普天間移転の問題にしても、アメリカ側が地元の同意を得られることが移転先決定の条件だと言うのなら、移転先候補の地元の意向は、ここには来るなに決まっています。かつての幕府直轄地のように、政府の一存で決められる土地でもない限り、移転先は永遠に決まりません。米軍基地も、原発も、ゴミ焼却場も、地元にとっては、積極的に誘致したいはずがありません。ここは国家百年の計に基づいて、日米安保体制の全面見直しを鳩山首相が決断するしかないでしょう。って、ちと乱暴か・・・。

2010.03.29 Mon

「JR品川駅の自由通路に液晶画面で広告を映す『デジタルポスター』44枚が設置され、29日午前の式典後、表示が始まった(asahi.com) 」ようです。いよいよ駅貼りポスターも紙からデジタルに取って代わられそうです。考えてみれば、B全サイズの大型ハイビジョン液晶パネルがTV用にどんどん大量生産されているのですから、その液晶パネルを縦にして壁に設置すれば、駅貼りポスターは紙である必要はない訳です。制作側としても、元々パソコンの液晶モニターで見ながら制作しているのですから、紙に印刷されるか、モニターで表示されるかは、大した問題ではありません。駅の中のポスター掲示スペースは限られているのですから、時間帯に応じて掲出するポスターの中身を変えられる方が、媒体側にとっても、クライアントにとっても、都合がいい訳です。今後、紙のポスターは駆逐されていくでしょうし、時間帯によって掲出費も変動するでしょう。しかし、よくよく考えてみなくても、静止画ポスターより動きのあるムービーの方がいいとなると、グラフィックデザイン業界の仕事がなくなってしまうかもしれません。

2010.03.26 Fri

堀川小学校の前を通ると、桜が3分咲きになっていました。今朝は冷え込みがきつく、コートの襟を合わせていても寒いくらいでした。午後からは陽差しも出てきて少し暖かくなってきましたが、明日の朝はまた0℃近くまで気温が下がるようです。来週の後半になると少し暖かくなるようですから、満開になるのは1週間後くらいでしょうか?「年々歳々花相似たり、歳々年々人同じからず 」とはよく言ったもので、去年の今頃は週末ごとに自転車で遠出していたのが、最近では地下鉄の階段を登るのさえおっくうになってきました。「おごれる人も久しからず、ただ春の世の夢のごとし」とは言うものの、春の宵は花見酒で浮かれたいものです。

2010.03.25 Thu

生憎今日は2月上旬並みの寒さで、朝から冷たい雨が降っていますが、このオフィスに移って3回目の春がそこまで来ています。国道1号線のケヤキ並木も芽吹き始めました。堀川小学校前の桜もそのうち咲き出すでしょう。今日から新卒のスタッフが加わりました。空前の就職氷河期に無事就職できたのですから、精一杯がんばって明るい未来を築いてもらいたいと思います。