LOADING

2010.12.07 Tue

2週間ぶりの原宿はすっかりクリスマスムード一色でした。ラフォーレ前に大きなクリスマスツリーが立っていたり、表参道のケヤキ並木に大規模なイルミネーションが施されたりしていました。昨日の東京は比較的暖かく、夕間暮れの表参道は人でごった返していました。大阪ではこんな時間帯に繁華街を歩くことがないのですが、カップルや家族連れ、外国人が入り交じって歩いています。いかにも首都の宵といった風情でした。ところで、行きの飛行機では雪化粧をした富士山がくっきり見えました。さらに、南アルプス、八ヶ岳、遠く北アルプスの峰々が白銀に輝いていました。空から見る山の景色は壮大です。せっかく飛行機に乗っても、窓外の景色を見ない人の気が知れません。何度見ても見飽きないのは私だけでしょうか?googleマップで見るのとはひと味違う太平洋岸のパノラマが眺められます。眼下に昆陽池を見ながら左旋回した飛行機は、大阪と奈良の県境の生駒山を越え、太平洋に向かって紀伊半島を横断。知多半島の付け根にある中部国際空港を左下に眺め、海岸沿いに東進。やがて、季節ごとに表情を変える富士が左前方に見え、さらに進むと、伊豆半島から伊豆大島が真下に見えます。房総半島の先端をかすめた辺りから機首を北に向け、房総半島を北上。羽田空港に向かって着陸態勢に入ります。東京湾には多くの船が浮かんでいます。さすがに江戸前の海です。海上も相当混み合っている感じでした。
薄日が差したり、曇ったりといった、冬らしい天候でしたが、翌日も比較的暖かい一日でした。今日は東銀座方面に行ったのですが、所期の目的である新規開拓の営業活動としては、いささか消化不良に終わってしまいました。こちらの訪問の目的が先方の担当者にきちんと伝わっていなかったようです。次回上京は年内にすべきか年明けにすべきか迷っています。訪問先を見つけることが先決で、訪問先がないことには営業活動が出来ないからです。