LOADING

2010.11.30 Tue

「龍馬伝の平均視聴率は18・7%で、天地人の21・2%に及ばなかった。また、最終回は龍馬暗殺という最大の見せ場だったにもかかわらず21・3%で、これも天地人の22・7%を下回った。これについて、テレビドラマ関係者はこう話す。『大河は歴史ドラマというけれど、ここ何十年かは時代劇ホームドラマで、主婦が楽しみに見てるんです。天地人はこども店長の加藤清史郎の人気もあって、ぴたりそこにはまったけれど、龍馬は男のドラマですからね。女性は福山雅治に飽きてきたらもう見なくなっちゃう。終盤にかけて、龍馬伝の視聴率がじりじり下がったのはそのせいかもしれませんね』(J CASTニュース)」ということだそうですが、私の場合は視聴率がじりじり下がり始めた頃から「龍馬伝」を観始めました。幕末の動乱の中で歴史の大転換の重要な役割を果たした龍馬の生き様を観たかったからです。今週末から始まる「坂の上の雲 第2部」も楽しみです。志のある男のドラマは見応えがあります。

昨夜のNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」もなかなか見応えがありました。グラフィックデザイナーの佐藤卓さんの仕事へ取り組む姿勢を紹介していたのですが、同業者としてもさすがと唸る思いでした。「デザインといえば、センスや個性の世界。デザイナーらしさが最も大切だと思われがちだが、佐藤は正反対だ。目指すのは、“自分”を消すこと。商品デザインに“佐藤らしさ”なんて必要ない。デザインが目立ちすぎるのは禁物だと考えている。」とか「普通、デザイナーはクライアントから口を挟まれるのを嫌う。素人からの反対意見は、デザイナーにとって『壁』と考えるケースが多い。しかし、佐藤は積極的にクライアントの意見を聞き、良い意見をどんどん受け入れようと考える。」とか、我の強いデザイナーには、かなり高いハードルでしょう。まして、これは放送されなかったらしいのですが、「デザインの依頼がくると、佐藤は毎回、長い時間をかけて商品を分析する。そのモノの本質と徹底的に向き合うためだ。25年以上もデザイナーの仕事をしていると、似た依頼は何件もある。しかし、よく似ていても必ずどこか違う。しかも、同じ商品でも時代によって求められるデザインは異なる。前例にのっとって『こんな感じだろう』という気持ちで仕事をすると、必ず失敗し、そのデザインはすぐに世の中から消えてしまうという。“コツ”を持たず、毎回、ゼロから考えること、それが佐藤の基本姿勢だ。」というのは、至難の業だと思います。ひとつ一つの仕事に全知全霊をかけて取り組むのが本来のプロの仕事なのでしょう。分かっちゃいるけど、なかなか出来ないことです。ま、それに見合うギャラが支払われることが前提だとも思うのですが・・・。