LOADING

2010.11.11 Thu

エントランスに一足早くクリスマスツリーが登場しました。といっても、光のツリーです。ちょっと寂しい気もしないではないですが、ロマンチックなムードは演出できているでしょう。
「海外で『iTunes store』を通じて映画のレンタルや販売などを行っているAppleが、ついに日本でも映画の配信サービスを開始する(GigaZINE)」そうです。「映画を提供するのは20世紀フォックス、パラマウント・ピクチャーズ、ウォルト・ディズニー・スタジオ、ワーナー・ブラザース、ユニバーサル・ピクチャーズといった、海外の主要なフィルムスタジオに加えて、アスミック・エース・エンターテインメント、フジテレビ、角川映画、日活、松竹、東映といった日本の映画会社やテレビ局も含まれて」いるようなのですが、これからはiPadで新作を観ることが出来るのでしょうか?最近は東京出張に飛行機を使うようになったので、この前インストールした「ローマの休日」は結局最後まで観ていません。映画をじっくり観るほどの時間乗っていないもので、観る機会を逸しています。ま、新作や話題作が観られるとなれば、DVDを借りたり、買ったりするよりこの方がいいかも。「レンタルでダウンロードした映画については30日以内に見始め、見始めてから48時間以内であれば視聴し放題です。レンタル期間が終わると、ムービーはiTunesライブラリから消えてなく」なるようですが、結局同じ映画を2度観ることはほとんどないのですから、ま、いいか。

ものは試しと映画を1本レンタルしてみました。 MacからiTunes Storeにアクセスして、「トイ・ストーリー3」をレンタルしました。レンタル料は400円。ダウンロード時間は15分ほどでした。次に、そのデータをiPadに転送してみました。これがとんでもなく時間が掛かります。MacからiPadにデータをやりとりしているのではなく、どうもサーバーからもう一度ダウンロードし直しているようです。しかも、今度はWi-Fi経由なので時間が掛かっているようでした。小1時間してやっとiPadにデータが移動しました。さて、そのデータはIiPadのどこにあるのか探してみたのですが、画面上にアイコンのようなものは見あたりません。いろいろ探して、やっとデータのありかが分かりました。「ビデオ」のアイコンをクリックすると、画面の上部左側に「レンタルムービー」、右側に「Podcast」のタブがあり、「レンタルムービー」をクリックすると、「トイ・ストーリー3」のバナーが表示されました。ところで、レンタルした映画は、観ないままだと30日間手元に置いておけるようですが、一旦観始めると、48時間(アメリカ本国では24時間)以内に観終わらないといけないようです。2時間足らずの映画ですから、観始めれば最後まで観るでしょうが、48時間以内に観終わらなかったら、有無を言わさず削除されるというのもずいぶん高飛車な設定です。このサービス、ちょっと映画でも観ようと思ったときに、どこからでもレンタル出来るのはいいのですが、ダウンロードに時間が掛かりすぎると、観る気が失せてしまうかも知れません。いずれにしても、今日のところは、これにて終了。