LOADING

2010.11.09 Tue

「電通は2010年11月10日、米国 Apple と、『iAd』モバイル広告ネットワークを2011年早期に日本国内で展開するパートナーシップを締結した、と発表した。電通は iAd の日本における広告販売と広告制作を担当、Apple は iPhone と iPod touch のユーザー向け iAd 配信業務を行う(Yahoo!ニュース)」そうです。無料アプリの制作者にとっては、広告収入が入ることは大きいでしょう。しかし、Appleのやり方は、いつでも自社ですべてを囲い込もうとしますね。さすがに広告を集めることまでは出来ないようで、電通の出番となったのでしょうが、たぶん電通以外の広告代理店はiPhoneの広告ビジネスに手を出すことが出来なくなるのでしょう。しかし、広告主の方も電通に頼まなければならないとなると、かなり敷居が高いでしょう。その分、怪しい広告主はかなり排除できると、スティーブ・ジョブスが考えたとしたら、なかなか目の付け所がするどいですね。しかし、今後日本で主流になると思われるAndroidケイタイの広告の方は、やっぱりオープン化されるでしょうし、広告も百花繚乱というか玉石混淆になることでしょう。

「米カリフォルニア州サンフランシスコ市の立法機関は9日、マクドナルドの『ハッピーセット』に代表される高カロリーの子供向けセットメニュー販売を実質的に禁止する条例案を可決した(CNN.co.jp)」そうです。さしものアメリカも、といってもカリフォルニア州ですが、子豚ちゃん対策に乗り出したのでしょう。子供の時に子豚ちゃんだった人は、大人になって、ダイエットしても肥満体質は変わらないと言います。わが家の愚息も大飯喰らいなんですが、そろそろカロリーを気にした方がよいと、会う度に注意しています。ただ、子供の時に子豚だったわけではないので、今のところは普通の体格です。それにしても、アメリカ人の大飯喰らいにも程があるでしょう。アメリカのホテルで、朝食にかりかりベーコンを皿いっぱいにとっている人を見たことがあります。それ以外にもパンやサラダ、果物なども山盛りでした。どうしたら朝からあんなに大量に食べられるのかと同行の通訳の人に聞いたら、アメリカ人は早起きの人が多くて、多分起き抜けに10キロくらいジョギングしてきたんじゃないかと言っていました。アメリカ社会はハイテンションでないと生きていけない競争社会ですから、朝だからって、ぼんやりなんかしていられないのでしょう。私の場合は、起きて30秒ぐらいで朝ご飯が食べられますが、量はごく少量かつ脂っ気のないもの限定です。

「NTTドコモが売り出した韓国サムスン電子製のスマートフォン(多機能携帯電話)『ギャラクシーS』が好調だ。発売前から予約が殺到し、一部の販売ランキングではアップルの『アイフォーン(iPhone)』を追い抜いたという(J castニュース)」ことだそうです。NTTdocomoを中心とするアンドロイド陣営の本格的な巻き返しが始まったと言うことでしょう。私が携帯電話を買い換える場合の条件は、おサイフケイタイが使えることと、ワンセグTVが視聴できることの2点でしたので、この「ギャラクシーS」は候補に入りません。富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製の「REGZA Phone T-01C」がちょっと気になっています。

2010.11.09 Tue

今日は、以前仕事でお世話になっていた方の個展を見に行きました。その人は10年前に勤めていた会社を辞めて、日本画家として後半生を送ることを決心したそうです。爾来苦節10年、画業に励み、今日見せていただいた絵は、ド迫力の四天王像や金剛力士像などの仏像画とたおやかな美人画、花の絵とバラエティに富んでいました。さすがに売れていたのは柔らかい筆致の花の絵ばかりでしたが、どの絵もお世辞抜きに素晴らしいものでした。その人の話では、日本画家というのは師匠が売値を決めるとかで、号1万円とか2万円とか決められた価格で絵を売ることになるのだそうです。しかし、絵を売って生計を立てることは容易ではないようで、絵の講師などをしながら描き続けているとのことでした。ただ、日本画家は60洟垂れ小僧、70青二才らしく、私と同年代であっても現役ばりばりな訳ですから、これからの伸び代を考えると、うらやましくもありました。