LOADING

2010.10.07 Thu

火曜と水曜の2日間、東京に出張してきました。代理店の方や印刷会社の方にご挨拶出来ました。中でも以前大阪にいたことがあるとおっしゃる代理店の部長は、弊社グループと関わりが深く、その方の口から思いがけない名前が次々と飛び出してきて驚きました。東京と大阪で連携した仕事が始まれば、いろいろ整備しなければならない諸条件がありそうですが、まずは私が動くことで、何らかの変化が生まれてくることを期待したいと思っています。帰りの新幹線の発車時刻の1時間ほど前に品川駅に着いたので、かねてから聞き及んでいたマンハッタンのグランド・セントラル・ステーションに本店があるという「グランドオイスターバー」を訪ねてみました。その店は「atre」というビルの中にあって、カジュアルなダイニングバーといった趣でした。世界中の生牡蠣を食べることが出来るというのが売りなのですが、1粒500円平均なので、10粒食べればそれだけで5000円オーバー。ビールやワインを2・3杯飲めば1万円コースです。会社帰りに居酒屋で一杯という価格設定ではありません。けれど、結構お客さんが入っていました。しかし、実質的な費用対効果を重視する大阪では、こうはうまく問屋が卸さないんじゃないかと思います。ま、この店も一種の東京名所といったところでしょうか・・・。