LOADING

2010.09.21 Tue

「遊んでいた」とはなんという言い草か?マスコミもこういう馬鹿げた発言を伝える際には、こんなたわけたことを言っていますと付け加えるべきです。最高検の伊藤次長検事という人も謝ったことが一度もない人なんだなと、会見を見ていて感じました。

3連休明けの今朝は朝日新聞のスクープ記事に驚かされました。「検事 押収資料改ざんか」というスミベタ白抜き文字の見出しの下に「郵便不正 見立て通り」「FD内文書 日付変更」とあったのですが、一読では何のことか分かりませんでした。3面の見出しの方は、「検察有利な日付に」と左ページにあり、右ページには「証拠の重み 軽視」とあるのですが、この場合は、「証拠の重みを軽視」したなんて軽い話ではないでしょう。犯罪以外の何ものでもありません。もしも被疑者が証拠隠滅を計ったことを検察官が暴いたとしたら、どれほど痛烈にその犯罪性を主張するでしょうか?検察官は正義の味方とまでは言わないにしても、少なくとも生活全般にわたって不正はしないという倫理観の持ち主であることくらいは信じていたのが、裏切られた気分です。これを機会に、マスコミは検察たたきを展開するのでしょうか?これまで検察のリーク情報で、あることないこと書き立ててきたマスコミにとって、今回の件は痛し痒しなのかも知れません。