LOADING

2010.09.14 Tue

昨日の非婚層が増えている話の続きみたいな記事を見つけました。「『ただトモ夫婦』の衝撃」という日経ビジネスオンラインでの牛窪 恵さんの記事がそれ。「とても夫婦とは思えない。気が向けば連絡しよう、時々なら一緒に住んでもいいけど、といった、そこそこ仲のいい仲間のよう。まるでただの友達、『ただトモ夫婦』」というカップルが増えているそうです。「多くの妻は、夫に家事・育児を手伝ってもらい、その浮いた時間を『ひとり時間』に充てようと考えていたのだ。実際にも、20~30代の妻がいま一番充実させたいと願うのは、ひとりの時間。彼女たちの世代は、結婚・出産した後も、夫や子供と離れてひとりになりたいという『おひとり妻』欲求が強いのだ」っていうのですが、男女平等、個人主義が進めば、そうなるのも無理からぬ事のように思えてきます。