LOADING

2010.08.31 Tue

「31日の東京株式市場は、前日の米国市場の株安や、日本銀行の追加金融緩和にもかかわらず円高傾向が変わらなかったことを受け、大幅に下落。日経平均株価の終値は前日終値より325円20銭(3.55%)安い8824円06銭となり、25日につけた終値の今年最安値(8845円39銭)を4営業日ぶりに更新した(asahi.com)」のですが、円高株安に歯止めが利きません。マスコミでは悪いことばかり報道されますが、この状況は本当に日本にとって最悪のシナリオなんでしょうか?円高で潤っている業界もあるでしょう。石油業界なんかはどうなんでしょう?農産物の輸入業者も円高の恩恵を受けているでしょう。そういった業界の動向をもっと報道してもらいたいものです。とは言うものの「輸入農産物などはいま欲しいからと言って、急に取り寄せられる商品ではないことは経営者ならとうに承知だ。逆に、為替変動に右往左往している経営者など、現代では経営者失格なのである。経営者からしてみれば、為替変動のリスクをいかに最小限に食い止め、収益を安定化することが求められている(pjnews.net)」という指摘もその通りでしょうから、一概に円高だからといって騒ぎ立てるのもどうかと思い直したりしてます。

「裁断済みのバラバラになった本を売買できる『裁断本.コム』というサイトが開設されました。要するに、電子書籍化したい本を裁断してスキャン後、そのまま捨てるのはもったいないので、同じようにして電子書籍化したい人向けに裁断済みの本を売ることができればいいのではないか?というシンプルなアイディアなのだと思いますが、果たして成立するのでしょうか?(GIGAZINE)」確かに裁断した本を捨てるのはもったいない気がします。誰かが引き取ってくれるのなら、そうしてもらいたいという気持ちはよく分かります。アナログの本をデジタル化したものを売買することは出来なくても、購入した本を古本として売ることは認められているのであれば、商売として裁断本を扱う古書店が出てくるのは、当たり前と言えば当たり前です。ま、過渡期の現象であったとしても、電子書籍が普及するのはまだ先のことでしょうから、しばらくはやっていけると思います。そのうち、ひとまず裁断本を売って、その本をPDFにするサービスもしてくれる古書店が出てくるのじゃないでしょうか?当然PDF化した後に、裁断本をまた買い取ってくれて、結局自宅には、PDFのデータだけが届けられるってことになるかも知れません。これって、一応裁断本の売買を前提にしていますが、その実態は、PDF化したデジタルブックの売買と同じことになります。私も自分で裁断したりするのは面倒なので、裁断済みの本を購入してスキャンするだけだったら、自炊してみようかと思ったりしていましたが、こんなサービスが出てきたら、ひょっとして乗っかってしまうかもしれません。が、基本的に絶版になっていない限り、新刊本を購入するという書籍購入のコンセプトから外れるのが悩ましいところです。ハードカバーの新刊本はアナログのままでいいので、文庫本と新書本は早く電子書籍化してもらいたいものです。ところで、裁断と断裁はどうちがうのでしょう?印刷業界では断裁と言っていたような記憶があるのですが・・・。

日本ブランド戦略研究所が行った「Webサイト価値ランキング 2010」の結果、「最も高かったのはパナソニックでWebサイトの価値は812億円あった。2位はホンダで661億円、3位はNTTドコモで655億円、4位は全日本空輸で582億円、5位はトヨタ自動車で574億円と続く(http://japanbrand.jp/ranking/we-ranking/we2010.html)」 のですが、関西系企業の少なさが気になります。それでなくても、WEBサイトの制作に関しては東京一極集中の傾向にあるのですが、関西系企業でWEBサイトに力を入れている企業があまり多くないことの方が問題かも知れません。