LOADING

2010.08.05 Thu

「米メキシコ湾の原油流出事故で、米海洋大気局(NOAA)のルブチェンコ局長は4日、ホワイトハウスで記者会見し、流出した原油490万バレル(約7億8000万リットル)のうち、74%が回収・自然分解されたと発表した。(中略)流出原油の33%が破損した井戸からの直接の吸い上げや、洋上でのすくい取り、化学剤散布などにより除去されるか微小な粒子となった。41%は蒸発や自然分解するなどした(jiji.com)」ってことなんですが、蒸発した41%は大気中に存在するってことでしょう。いくら地球に自浄能力があるといっても、これほど大量の石油が蒸発したとなると、いずれ何らかの影響が出てくるでしょう。いずれにしても、とんでもない話です。