LOADING

2010.07.30 Fri

「30日の日経平均株価は続落した。大引けは前日比158円72銭(1.64%)安の9537円30銭と、27日以来、3日ぶりの安値(日経新聞Web刊)」でした。また「外国為替市場で約8カ月ぶりの水準となる1ドル=86円台前半まで円高が進行」し、またぞろ円高株安です。週明けにはどんな展開になるのでしょう。今月22には、9220円88銭だったのですから、これでも300円以上高いので、まだそれほど危機的状況ではないのでしょうか?それにしても円高は止まりません。なぜ、円買いが起こるのでしょうか?日本経済が円高になればなるほど日本経済は厳しい状況になるにも関わらず、ドルを売って円を買う外国人投資家がいるのはどういう訳なんでしょう。多分こんなからくりがあるんじゃないかと邪推しています。風が吹くと桶屋が儲かるの伝で、NYダウが下がると、日本の輸出関連株も下がります。手持ちのドルで円を買うと円高になります。その円で安くなった日本の輸出関連株を買うと、株価が上がります。その上がった株を売って得た円で安くなったドルを買えば、株と為替の両方で差益が出るからじゃないかと思っています。こんなマネーゲームでも、動く額が半端じゃないと差益も半端じゃないのでしょう。もしも、こんなことが原因で、日本のまともな企業が青息吐息になっているとしたら、株式の国際取引をさっさと禁止するべきです。

iPad用の日本語電子書籍のリーダーがないとぼやいていたら、スタッフが教えてくれました。「5月10日、日本発のiPad用書籍リーダー『i文庫HD』がリリースされました。価格は600円です。」というもの。なかなかよくできています。このリーダーを使えば、紙の本を読むのとほとんど同じような感覚で電子ブックが読めます。といっても、まだ読んでないですが・・・。日本の出版社は、電子書籍化の標準フォーマットをまだ決めかねているようですが、縦書きが原則の小説などは、是非この『i文庫HD』を採用してもらいたいものです。

民主党には本当に政権維持能力がないのか、ちょっと不安になる展開です。「菅総理は批判を受けた後また壇上に立ち、9月の代表選へ立候補する意向を表明した。しかし、『代表選まではこの体制で対応させて頂きたい』と何とも頼りない調子での宣言となった (J CASTニュース)」というのですが、日本という国の将来が危ぶまれているのに、総括みたいなことをやっていて、党利が幅を利かせていたのでは、どうにもならないでしょう。政党といっても、かつてほどイデオロギーでがんじがらめになっている集団ではないのだし、参議院選で負けたと言っても、大負けしたわけではないのですから、さっさと国政に全力で取り組んだらどうなんです。マスコミが世論を誘導するとよく言われていますが、外交にしろ、経済にしろ、福祉政策にしろ、無責任に現政権の政策をこき下ろす論評を交えることで、日本の国がよくなっていくとは思えません。事実を事実として報道するのだったら、あんなに群がって取材する必要はないでしょう。代表取材だけでいいのじゃないでしょうか。それより、報道機関は後追い取材をしっかりやってくれというのが、一般人の期待感だと思うのですが・・・。その後、あの事件はどうなったのでしょう?あの問題はどうなっているのでしょう?警察官にしろ、医療従事者にしろ、官僚にしろ、ほとんどの人は日々地道に仕事をしているでしょう。マスコミ関係者ももっと地道な取材活動をしたらどうなんです。