LOADING

2010.07.28 Wed

「ヤフーは決算発表の席上、米グーグルとの提携を発表、グーグルから検索エンジンと検索連動型広告配信システムの提供を受けると発表した(J CASTニュース)」のですが、検索エンジンとしては、ヤフーが長らく一人勝ちでしたが、急速にグーグル派が増えていたのも事実です。「日本では検索市場のシェアを争っていた最大のライバルをパートナーに選んだ理由は何か」、興味の湧くところです。アメリカのヤフーがマイクロソフトと手を組んだことから、日本でもマイクロソフトの検索エンジンを採用するのが普通なんでしょうが、あえてグーグルを選んだのは、それなりの成算が孫社長にあった(と言っても、Yahoo!Japanの筆頭株主がソフトバンクなだけで、孫社長が直接ヤフーの今回の決定に関わっていたのか、いないのかは、部外者には分かりませんが)としたら、ソフトバンクは、iPhoneやiPadではアップルとも提携していますし、グーグルのOSを採用したアンドロイド携帯も売っていますし、まさに世界中のIT業界のいいとこ取りをしているって感じです。携帯電話がスマートフォンになり、PCの機能の一部を簡略化したというか情報端末部分に特化したタブレット型PCが生まれ、次に何が来るのか気になるのですが、日本のメーカー発のデバイスが世界を席巻する日はもう2度と来ないのでしょうか?昔、トロンという国産OSがありましたが(今もあるでしょう)、まったく画期的な新製品が生まれることを切望するのみです。