LOADING

2010.07.16 Fri

ちょっと目を離した隙に大変なことになっていました。円高がどんどん進んでいます。1ドル=86円台になっています。日経平均株価も277.17下がって終値は9,408.36円でした。3連休明けにどんな事態になっているのでしょうか?

「米メキシコ湾の原油流出事故で、国際石油資本(メジャー)の英BPは15日、原油流出を食い止めるために新たに設置したキャップの圧力テストを開始してバルブを閉めたところ、海中への流出が止まったと発表した。(中略)しかし、このキャップでは長期的に原油流出を阻止することは不可能とされており、最終的に原油流出が完全に食い止められるのは、別の坑道を掘って流出を止める『救助井』 掘削作業が完了する予定の8月と見込まれている (CNN.co.jp)」らしく、喜ぶのはまだ早いようです。水深1500mの海底での作業ですが、宇宙の果てから帰還した「はやぶさ」のことを考えたら、これくらいの深さは、どうってことないのでしょう。

「グーグルテレビの特徴は、テレビを視聴しながらパソコン(PC)と同じ要領で『ネット検索』し、見たいコンテンツをテレビで見られることだ。画面上に検索窓が表示され、『ユーチューブ』の動画や、友人がネット上にアップした写真を取り込んで閲覧することができる。(中略)グーグルテレビによって視聴者がネットに流れ、その結果広告がテレビからネットに移ることも考えられる。またオープン規格のアンドロイドOSはメーカーを選ばないので、テレビメーカーの開発競争はより激しくなる(J CASTニュース)』と予測されているのですが、iPadはPCより簡単な操作性を謳っている割に、いまのところ実際のユーザーはPCのヘビーユーザーと重なっているような気がします。しかし、5年後はどうなっているかというと、多分子供たちは普通に使いこなしていることでしょう。携帯電話は、「総務省データによると1993年の3.2%から2003年の94.4%へと10年間で一気に0%近くから100%近くへと急増しており、国民に広く普及した(社会実情データ図録)」のですが、タブレット型情報端末も同じような普及の仕方をするでしょうか?10年後、現在の携帯電話のように老弱男女を問わず、持っていて当たり前化しているのでしょうか?私の予言はこうです。10年後、40歳以下は8割の人が持っているでしょう。45歳から55歳は3分の2くらいの普及で、56歳から70歳は半分くらいの普及率かな・・・?