LOADING

2010.07.08 Thu

某大手広告代理店の人と大昔に話したことを思い出しました。その人は、「広告代理店というのは、その時々で最も景気のいい会社に広告を出して貰えばいいので、絶対に仕事にあぶれることはない」と豪語していました。確かにその当時は、時流に乗った景気のいい会社が続々と現れ、その会社の広告がTVや新聞・雑誌などを賑わしました。栄枯盛衰は世の常で、好不況の波はあったのでしょうが、おいしいい所だけつまみ食いして、広告業界だけは右肩上がりの成長を続けていました。もちろん大手の話ですが、広告代理店の営業部隊は好景気の企業に狙いをつけてアプローチし、膨大な広告費を引き出し続けていたわけです。広告というのは、金魚の糞のようなもので、太った金魚は太い糞を出すでしょうが、やせ衰えた金魚からは糸のような糞しかでません。さらに、最近の状況を見るとそれだけでもないようです。旧来の広告媒体が広告効果の面で、かつてほどのパワーを持たなくなったということと、長引く消費不況で笛吹けど踊らず状態が続いているからでしょう。広告をしないとモノが売れないのは事実ですが、広告をしてもモノが売れないとなると、費用対効果で、ますます広告費が削減されてしまいます。そんな中にあって、WEBの広告費は増加しています。広告媒体としてのインターネットが認知されたことと、WEBの世界ではバナー広告の収入でビジネスを成り立たせるビジネスモデルが一般的だからでしょう。しかし、これからは有料コンテンツの時代になりそうです。そうなると、広告バナーなども掲出しにくくなるでしょう。WEBデザイン会社としても、ドラスティックに変貌していくインターネットの世界に遅れずについて行くには大変な努力が必要になってきます。グラフィックデザインの会社は、デザイン力を売り物にしていたのですが、WEBデザインの場合、アイデアと表現の間に様々なスキルや知識が必要になり、WEBデザイナーには、デザイン以外の能力開発の方が要求されていると言っても過言ではありません。いやはや大変な世の中です。