LOADING

2010.06.17 Thu

「ニューヨークでは過去3年で322キロの自転車レーンが整備され、市営バスには折り畳み自転車対応が義務付けられた。全商業ビルに対して自転車の館内持ち込みを認めるか、安全な保管場所の設置を義務付ける法律も2009年12月に可決された( CNN.co.jp)」そうです。自転車乗りにとって、日本はまだまだ安全な国ではありません。こんなに自転車に乗っている人が多いのに、国も自治体もほとんど自転車に配慮した道路造りをしていません。携帯片手の若者や、おばさんたちにとっては、歩道をちんたら走るだけなので、自転車道の未整備なんて気にしていないでしょうが、自動車と自転車の通行区分をしっかり分けて、歩道と車道の間に自転車専用通行帯を作れば、自動車の路上駐車も減ると思います。現状のように歩道の一部を自転車通行レーンにするのでは、根本的な解決にはなりません。そう言えば、御堂筋の側道を自転車専用レーンにするって話はどうなったのでしょう?せっかくまた自転車に乗ろうと一念発起したのですが、雨ばかりで乗れていません。