LOADING

2010.05.31 Mon

「講談社が携帯端末『iPhone(アイフォーン)』向けに製作・販売していた電子写真集について、販売サイトを運営する米アップル社が配信を停止したことが31日、分かった。理由の説明はなく、講談社は『強い影響力を持つ配信メディアだけに、審査基準を開示すべきだ』としている(jiji.com)」そうですが、グラビア系の写真集はアウトでしょう。アップルの検閲は、宗教裁判並みに厳しいので、今後一層暴力と性的表現はすべて御法度のディズニーランド状態になるでしょう。逆に、この縛りのきつさが命取りになるかも知れません。一皮むけば、世の中は性と暴力が幅をきかせているのですから・・・。

「ソニーが、携帯電話やゲーム機などの機能を持つ新型情報端末を、日本を含む世界各地で今年度中に発売する方向で検討していることが分かった。タブレット(平板)型など複数の新製品を投入する見込みで、米アップルの多機能携帯電話『iPhone(アイフォーン)』や、タブレット型の『iPad(アイパッド)』に対抗する(asahi.com)」ようですが、日本発信の製品でアップルに対抗できるとしたら、ソニーしかないでしょう。ここはひとつ頑張って世界中の若者が飛びつくようなお洒落な製品を作ってもらいたいものです。

「米検索大手グーグルが、看板ロゴを人気ゲーム『パックマン』にした結果、推定1億2千万ドル(約108億円)相当の生産性が世界で失われたとみられることがわかった(asahi,com)」っていうのですが、「パックマン」というゲームをやったことがなかったので、すぐにパクっとやられてしまいました。「パックマンの看板ロゴは、22日のパックマンの誕生30周年を記念して作られた」ものですが、今もグーグルのサイト( http://www.google.com/pacman/ )で遊べるそうです。

「 映画『イージー・ライダー』で監督・主演として米国の反体制の若者を斬新に描いたデニス・ホッパーさんが29日、前立腺がんの合併症のため、ロサンゼルス近郊の自宅で死去した。74歳だった(asahi.com)」そうです。デニス・ホッパーとピーター・フォンダ、それからジャック・ニコルソンの3人は、「イージー・ライダー」で初めて見たときから、強烈な印象を与えられました。私自身は、ジャック・ニコルソンが演じた弁護士に最もシンパシーを感じた方ですが。「米国の反体制の若者」といっても、映画公開のとき既に彼らは30過ぎだったのですから、当時10代の少年だった私にしてみれば、アメリカではいい歳をしたおっさんもドロップアウトするんだと思ったものでしたが、今になれば、30過ぎは間違いなく若者です。