LOADING

2010.05.26 Wed

「ソニーが本日、ペンに巻き取れるほどの高い柔軟性を備えた有機ELディスプレイを発表(Gigazine)」したそうです。そういえば、有機ELTVの国内販売から撤退するというニュースがついこの前流れたばかりですが、今回の有機ELディスプレイは、「厚さ80μmで432×240の4.1インチフルカラー」で、「気になる耐久性についても、1000回巻き戻しを繰り返した実験において、ディスプレイの表示性能に劣化がないことが確認されたそうです。」近い将来「ノートパソコンやスマートフォン、電子書籍端末、携帯ゲーム機、音楽プレーヤーなどのモバイル機器に採用される」のでしょう。しかし、薄くなるのはいいのですが、折れ曲がったりすると使えなくなるのでは困ります。多分、最初は円柱状の柱なんかに取り付けられるポスターボードなんかに採用されるのじゃないでしょうか?

「厚労省元局長の公判 供述調書の大半、証拠採用せず(asahi.com)」というニュースには驚きました。検察官が取調中に作成した調書が、でっち上げだと裁判官が認定したようなものです。これも政権交代のおかげでしょうか?世の中は変わるものです。昨日までの財団法人をターゲットにした事業仕分けでも、お役人OBのやりたい放題がやり玉に挙がっていましたが、彼らにしたら、不正を行っていたわけではなく、自分たちの都合がいいように制度を利用しただけでしょう。天下り問題だけでなく、他にも事業仕分けした方がいい団体がいっぱいあるようにも思います。