LOADING

2010.03.18 Thu

「コンデナスト・パブリケーションズ(米出版大手)の日本法人は、米アップルの新型携帯端末『iPad(アイパッド)』に、米有力ファッション誌の日本版『VOGUE NIPPON』など3誌を有料配信する。IT(情報技術)ベンチャーのヤッパ(東京・渋谷)が閲覧ソフト開発で協力、4月末のiPad日本発売にあわせ配信を始める(IT PLUS)」そうです。いよいよ雑誌のデジタル化が本格化します。ただ、雑誌をiPadで読みたいかと聞かれたら、?です。雑誌って、パラパラっとページを繰って、読みたい記事に当たったら、そこから読むのが一般的ですが、iPadではパラパラしにくいでしょう。しかし、デジタル雑誌は、グラフィックデザイナーにとって救世主かもしれません。デジタル雑誌もレイアウトはしなければならないでしょうから、当然グラフィックデザイナーの活躍できる場面が増えます。Macを使って制作する分には、紙媒体と電子媒体との違いは、アナログとデジタルほどの違いではありません。いずれカタログやパンフレットもデジタルが当たり前になるでしょう。その日のために、今のうちからiPadに強くなっておくことが大切だと思います。

「わいせつ画像や児童ポルノなどインターネットのサイトにある違法情報が、昨年は警察が把握しただけでも2万7751件と前年より倍増し、過去最多だったことが18日、警察庁のまとめで分かった。警察からの削除要請に応じないサイト管理者も前年の約2倍となった。同庁は、サイト管理者にも幇助(ほうじょ)罪を適用するなど、取り締まりを強化する方針だ(asahi.com)」とか。この手のサイトって、海外のサーバにデータが置かれているのが普通なんだと思います。ただ、国内のサイト管理者も幇助罪を適用するということは、違法サイトへの誘導を目的とした掲示板などへの書き込みをさせなくするのが目的なんでしょう。私が参加している釣り倶楽部のサイトに設置している掲示板にも、時々怪しげな書き込みがあるのですが、掲示板サイトの管理者が削除してくれるわけではないので、自分で削除しなければなりません。「警察がインターネット協会を通じて削除を要請したにもかかわらず、管理者が『サイトの書き込み者の責任。管理者は無関係』などとして削除しなかった違法情報は、昨年、要請した1万6496件のうち12%に当たる1978件(前年比約2.1倍)にのぼった(中略)警告を無視したうち62%は、誰でも投稿できる掲示板サイト『2ちゃんねる』が占めた」ようです。「2チャンネル」のような巨大掲示板では、毎日大量の書き込みがあり、そのうちのかなりの部分が怪しげなサイトへ誘導する書き込みなんじゃないかと思います。それらの書き込みのすべてを管理者が把握できないのも致し方ないところでしょう。しかし、削除要請のあった場合は、速やかに対応するのも、サイト管理者の役目だと思います。いずれにしても。「サイトの書き込み者の責任。管理者は無関係」という無料掲示板サイトのスタンスを考え直さなければならない時期に来ているのかもしれません。インターネット掲示板の匿名性も、マスコミの記事の匿名性も、お役所の事業責任者の匿名性も、この際まとめて公開にしましょう。

「警察官の採用試験の開催を告知する際に使った表現が、陸上自衛隊が商標登録したキャッチコピーと似ていたとして、埼玉県警がポスターとチラシ約2万枚の回収を始めた(asahi.com)」ようですが、キャッチコピーが商標登録できることを知りませんでした。「外部からの指摘を受けて調べたところ、陸自が『守りたい人がいる』というコピーを商標登録していることが判明」したんだそうです。「広告会社側が著作権や商標権を侵害しないか確認する契約になっていたという」ことですが、制作者側が、このキャッチコピーが商標登録されていたことは知らなかったとしても、このフレーズ自体が結構有名なので、著作権侵害の方をまず問題にすべきだったと思うのですが・・・。

「2009年の県内の新規就農者数が08年より76人増え、258人に上ったことが17日、県のまとめで分かった(新潟日報)」そうです。以前にも書いたことがあるのですが、これからは農業が有望な業種だと思います。この記事でも。「県は『農業への関心の高まりに加え、不況による雇用対策で法人が受け皿となり、就農が増えたのではないか』とみている」とあります。農業法人などの会社組織で農業に取り組むケースが増えてくると、農家出身でない若者も農業に関わりやすくなります。日本の農業はこれまで、個人経営に依存しすぎたと言えます。先祖代々維持してきた田畑が農業の基本である以上、農業の企業化にはハードルがあるでしょうが、食糧自給率アップの課題からも、もっと企業化が進んでいくべきだと思います。そういえば、最近テリー伊藤さんが出ている米粉のTVコマーシャルをよく見かけます。「米粉倶楽部(http://www.syokuryo.jp/komeko/)」というサイトを見ると。米粉でできた商品やメニューの紹介。米粉料理レシピが載っていて、米粉でおいしいパンやうどんやパスタが作れるのだったら、個人的には小麦でなくても一向に構わないと思います。粉もん好きの大阪人こそ、米粉の普及に積極的に関わるべきでしょう。とっかかりとして、米粉と小麦粉がハーフ&ハーフのお好み焼きとかたこ焼き、開発したらいいんじゃない。