LOADING

2010.02.28 Sun

「8日の東京株式市場は、ギリシャなど欧州の一部で財政不安が高まっていることが引き続き嫌気され、日経平均株価が1万円を割り込んで始まった。取引時間中に1万円を下回ったのは昨年12月11日以来約2カ月ぶり(asahi.com)」だそうですが、トヨタのリコール騒ぎが、今後どうのような影響を日本経済に与えるのか予断を許さない状況です。アメリカでのトヨタつぶしの動きは、今後ますます激しくなるように思います。正月に観た「グラン・トリノ」でも、フォードの自動車工だった主人公は、息子がトヨタのディーラーでセールスマンをしていることを苦々しく感じているように描かれていました。国産車(アメリカの)がふるわず、日本車に市場を荒らされていると感じているアメリカ人はかなり多いと思います。日本車バッシングがまた再燃し、自動車の対米輸出が激減すると、日本経済の回復が遅れることになります。昨日の「たかじんのそこまで言って委員会」では、現在の状況は決して不況ではないという意見がありました。金持ちが節約志向になってカネを使わないから内需が増えないので、金持ちにもっとカネを使わせる政策をしろという意見が大勢を占めていました。広告もマーケティングも、自由になるお金が少ない若い世代を相手にするのでなく、高齢者をターゲットにすべきでしょう。と思って、周りを見渡すと、結構高齢者向け商品が増えていることに気づきました。生命保険も80歳まで入れると謳っていますし、アンチエイジング化粧品も百花繚乱です。これからは衣食住遊のなかでも、遊の部分をもっとのばす必要があるでしょう。海外旅行企画でも、年寄りだからといって豪華客船の旅ではなく、かつての農協ツアーのような市中引き回しツアーでもなく、少人数で行きたい場所に安全に連れて行ってもらえるツアー、言葉が通じない外国ですから、エスコート面できちんとアテンドしてもらえるツアーなんかがいいと思います。