LOADING

2010.01.22 Fri

「22日の東京株式市場で日経平均株価は大幅反落。大引けは21日に比べ277円86銭(2.56%)安の1万0590円55銭と、昨年12月30日以来の安値となり、今年の上昇分を帳消しにした(NIKKEI NET)」んだそうです。前日のNYダウが200ドル以上も値下がりしたのですから、東証の株価も下がって当たり前なんでしょう。株価って日本経済の指標になっているのか、前々から疑問に思っていたのですが、NYダウに連動して世界中の株価が上下するのなら、外国人投資家が売り買い出来る取引所はニューヨーク証券取引所だけでいいじゃないですか?日本の証券取引所で売買できるのは、日本国内に居住している日本人(永住権のある外国人を含む)に限定したらどうですかね。・・・無理か。

広告市場の地盤沈下が言われ出したのはいつ頃からでしょうか?最初にラジオ、次に新聞、さらに雑誌が広告媒体としての価値を下げ、ついにTVも広告料収入が激減したわけですが、最大の原因は、一昨年秋から始まった世界同時不況と言われるものの、世の中の人が商品情報を得るために、既存のマスメディアでなくインターネットを利用するようになったことの方が、本質的な原因でしょう。グラフィックデザイン業界は、紙媒体の減少により仕事量が激減しました。新聞や雑誌広告が減少したのと同時に、これまで紙に印刷して配布することが当たり前だったカタログやパンフレットは、紙面の制約を受けない分、より詳しく紹介できるWEBサイトに取って代わられつつあります。WEBならアニメーションや実写を挿入することも出来ます。そのうち電子ブックリーダーに仕様を合わせた電子カタログが登場すると思います。画面のデザインは紙と変わらないでしょうが、グラフィックデザイナーにとっては、紙媒体からの意識変革が求められるでしょう。一方、WEBデザインでは、今のところは、プロモーションツールとしてPCサイトより携帯サイトの方が使い勝手がいいように言われていますが、現在の携帯サイトでは、画面サイズの制約がありすぎて、デザイナーの活躍できる余地があまりありません。しかし、今後携帯電話がIPhoneのようなスマートフォンに様変わりしていくと、インターフェイスのデザインの重要性も増してくると期待しています。5~10年後くらいには、グラフィックデザイン、WEBデザインの境界がなくなっているようにも思います。その日のために、旧世代のグラフィックデザイナーたちは、今のうちに意識変革しておくべきでしょう。あっという間にMACでのDTPが当たり前になったあの頃のことを思い出して・・・。