LOADING

2009.12.03 Thu

 「厚生労働省の調査によると、来春卒業予定の大学生の就職内定率は、10月1日時点で62.5%と昨年の同じ時期に比べて7.4ポイント低下。3人に1人の就職先が決まっていないことになる(日経ビジネスON LINE)」ようです。そんな中、弊社では来春卒見込みの専門学校生を1名だけ採用することにしました。昨年までWEBデザイン業界は求人難だったのですが、一気に求職難になってしまいました。採用する側としても、昨年のような内定取り消しの事態は避けたいでしょうし、景気の先行きが不透明なので慎重にならざるを得ないでしょう。クライアントのご要望に万全の態勢でお応えするためにも、日本のWEBデザインの発展のためにも、才能のある人材はどしどし採用していきたいのですが、そのためにも、一刻も早く日本経済が立ち直ってもらいたいものです。