LOADING

2009.11.09 Mon

たしか2年前の今頃から45年くらい乗っていなかった自転車に乗り始めたのですが、このところほとんど走っていません。去年の8月から今年の8月までの1年間でフルマラソン100回分に相当する4219.5km走破を達成してしまって以来、自転車に乗る気がしなくなってしまいました。燃え尽き症候群というのでしょうか、モチベーションが一気に下がって、この土日も絶好の自転車日和だったのですが、日がなガーデニングというか、ベランダの改造に費やしてしまいました。我が家のベランダは南向きなんですが、手すりの下には目隠し用の磨りガラスがはまっているため、床面に植木鉢を置くと直射日光が当たりません。そこで、日照不足を改善する目的でアルミサッシの下半分に自動車の窓用のミラーフィルムを貼りました。ミラーフィルムで太陽光を反射させて床置きの植木にも太陽の恵みを供給しようという寸法です。悪い癖なんですが、貼ってしまってから説明書を読んでいると、鉄線入りのガラスには貼らないでくださいとあります。フィルムを貼るとガラスが熱を貯め込んでしまい、鉄線が加熱されてガラスが割れることがあるようです、貼り終わったフィルム面にさわってみると、確かに貼っていない面に比べて暖かく感じます。ガラス自体は熱伝導率の低い素材ですから、フィルムの境目ではっきり表面温度が変わります。そこで、鉄線の入っている部分のフィルムをスリット状に剥がしました。これなら、鉄線部分の温度はそれほど高くならないだろうという計算です。何となくデザイン的にもこの方がいいかなと思っています。