LOADING

2009.11.04 Wed

岡田外相の「捏造発言」削除要求が発端となって、「2チャンネルの書き込みが激減するという現象が起きた。削除要請をしたスレッドで「迷惑行為」にあたる書き込みが大量にされたため、大規模なアクセス規制が実施されたのが原因とみられる(J CASTニュース)」らしいのですが、「規制前日の10月28日までは約240万件あった書き込みが、10月29日時点で約160万件、10月30日時点では約140万件にまで減少した」そうです。これがきっかけとなって2チャンネル離れが起きるのではないかと期待されたのですが、そうはならないようです。いずれにしても、匿名での発言を無秩序に発信する巨大掲示板という存在は、インターネットが生み出した鬼っ子のようなものですから、完全に排除することは難しいでしょう。

昨日の文化の日は一日中寒かったのですが、1ヶ月半ほど前から始めたベランダガーデニングの総仕上げをしました。これまで大型のエアコン室外機が場所をふさいでいたので、私の部屋から見えるベランダの景色は非常に殺風景だったのですが、室外機を撤去してもらったので、スペースができました。そこで、少し見栄えをよくしてやろうと思い、ベランダ・ガーデニングに挑戦したわけです。目標はイングリッシュ・ガーデンですが、幅3m、奥行き1mほどの狭小スペースですから、大したことはできません。まず、手すりの内側にラティスという木の格子状の柵を取り付け、手すりの外側にハンギング用の半円形の鉢を4つ並べ、その鉢にはそれぞれビオラを植えました。ベランダの天井にフックが元々ついていたので、ビオラの鉢植えを2つ吊り下げました。さらに、テラコッタのプランター2個にビオラとガーデンシクラメン、ダールベルグデイジー、アイビー、プミラなどの寄せ植えをして、ラティスの上部に掛けました。窓側に設置したワイヤースクリーンにもビオラとステラのハンギングバスケットを取り付けました。なぜかビオラだらけになってしまいました。理由は、弊社グループ会社のシーズ広告制作会社東京支社で、サントリーフラワーズさんの広告制作をさせていただいているので、わずかでも売り上げに協力した訳です。というのは建前で、小さいビオラの花姿が妙に気に入りました。どうも私は大輪の花はあまり好きじゃないということが今回判明しました。そう言えば、高山植物や山野草のたぐいは大抵小さな花です。大輪のバラやユリ、シャクヤクやボタンは、いかにもゴージャスですが、私の趣味ではありません。叶姉妹よりアルプスの少女ハイジです。と言って、ロリコン趣味もありませんが、・・・。壁際の棚には、サザンクロスやサルビアアズレア、カラミント、クリスマスローズ、キバナコスモスなどの鉢植えを並べました。草花ばかりでは軟弱に思えたので、2つのプランターの真ん中に、シンボルツリーとなるようにシマトネリコの鉢植えを置き、その横のプランターに、斑入りヒイラギを植えたのですが、このヒイラギは1ヶ月足らずで枯れてしまいました。代わりに斑の入り方がよく似たシルバープリペットという木を植えました。最後に、オリーブの幼木の鉢植えを置いて完成です。ネットで調べると、様々なガーデニング関連サイトがあり、懇切丁寧に育て方を書いてあります。ただ、先に植物を買ってしまってから、サイトで育て方を調べるものですから、置き場所やら土質やらがうまく合わないものがあって、慌てて有機石灰を買いに走ったり、一旦寄せ植えにしたものを別の鉢に植え直したりのトライアンドエラー続きでした。結局、ヒイラギとリンドウとプミラとパーセノシッサスシュガーバインは枯らしてしまいました。ま、それ以外は今のところ元気に育っています。11月だというのに結構花が咲いているので、窓外の景色は幾分華やかになりました。春になれば、まさに花盛りのベランダガーデンになることでしょう。春よ来い、早く来い。ったって、まだ錦秋の季節というか紅葉シーズンも始まっていないのですが・・・。