LOADING

2009.10.30 Fri

「1969年の10月29日、UCLAがインターネットの原型となるARPANET(国防総省の軍事ネットワーク)で最初のデータ通信を行った。同校はこれをインターネットの始まりとしている。初の通信は同校とSRI(スタンドフォード研究所)の間で行われた。UCLAの学生がSRIのシステムにログインするため、「LOG」と入力し、SRIが「IN」と入力する予定だった。だがUCLA側が「L」「O」を送信し、「G」を入力したところでシステムがクラッシュ。その結果、「LO」が最初にインターネットで送信されたメッセージになったという(Yahooニュース)」そうですが、その後システムが復旧して返信できるようになったときに、アメリカ人のことですから、きっと「VE」と返信したんじゃないでしょうか・・・。

「自民党は総選挙後の組織改編で、従来の『マルチメディア局』を『ネットメディア局』に変更。総裁や政調会長、幹事長の会見動画を充実させたり、政策に対する有権者の意見を募集したりするなど、インターネットを活用した広報活動に力を入れていく(J CASTニュース)」そうですが、やや遅きに失した感があります。これまで自民党がインターネットの利用に消極的だった背景には、自民党の支持層が中高年に偏っているため、インターネットに接していない人がほとんどだとの認識があったからでしょう。同時に、インターネットを積極的に利用して情報をオープンにし、政策の透明性を担保しようとする気がなかったからで、定額給付金にしても、エコポイントにしても、エコカー減税にしても、高速道路の休日割引にしても、セイフティーネットへの税金の投入とは言えないだけでなく、決定までにどれほど情報がオープンにされていたのでしょうか?今後は、『お上のやることには、黙って従っていればいい。悪いようにはしない』といった与党時代の政治家の意識改革からスタートする必要があるように思います。イデオロギーとはややニュアンスが違うものの、日本という国をどうしたいのかという政治理念を掲げ、その理念に基づく政策提案を発信していくのなら、情報をインターネット経由でゲットすることになれている若い層の支持を多少は取り込めることになるかもしれません。さもなくば、自民党自体の存在意義が完全になくなり、雲散霧消解党の末路でしょう。今回落選した前議員たちは、来年の参議院選挙で参議院に鞍替えしてでも議員バッジだけはもう一度手にしたいと願っていることでしょうが、野党の国会議員というのは、決してこれまでのような恵まれた存在ではないはずです。政治資金も潤沢に使えなくなり、政治家としての影響力も著しく殺がれ、それでも、政治に志をもって関われる人しか残れないでしょう。現在の民主党の議員も、元を質せば自民党だった人が結構います。ただ、彼らの大半は、自民党に愛想が尽きて離党して野に下った人たちで、与党の頃と比べて、さぞ冷や飯を食わされ続けたことでしょう。冷静に考えて、自民党がもう一度政権に復帰する可能性はかなり低いと思います。来年の参議院選挙で民主党が単独過半数をとると、長期安定政権が誕生するでしょう。そうなると、次の参議院選挙と衆議院選挙は4年後ですが、4年の間に、自民党が今回の民主党のような選挙準備ができるのでしょうか?国民の過半数を納得させられるような政策を作り上げることができるのでしょうか?小泉チルドレンだった人たちは、いっそのこときっぱりと政治家を廃業して元の職業に戻った方がいいでしょう。民主党の新人議員たちも4年後に失業の憂き目を見ないようにしっかりと国政に関わってもらいたいものです。歳をとると、20年後、30年後を見据えた長期展望を描きにくくなります。自分が死んだ後も、この国が平和であることを願ってはいても、そのために自分自身が何をなすべきかは、なかなか思い描けません。しかし、生きている間に政権交代を目のあたりにできたのですから、それだけに、民主党政権がこれからの日本政治のデファクト・スタンダードとして、せめて生きている間は続いてもらいたいと思っています。