LOADING

2009.10.27 Tue

「首相らの『答弁資料』作成指示 内閣総務官室、すぐ撤回 (ashi.com)」のニュースですが、このニュースを最初に聞いたときは、民主党の脱官僚路線からすれば奇妙な話だと思いました。 記事の後半で、「平野氏は同日の記者会見で、『(指示文書が)出されたことを初めて知った。私から指示したわけでは全くないし、首相からも指示していない。私どもが求めている政治主導からみれば、逆行していると認識している。(指示文書の)撤回を含めて考える』と述べた」とありますが、実際のところ、こんな奇妙な指示文書をこのタイミングで出したのを記者がキャッチした時点で、内閣総務官室の誰が、どんな意図で、指示文書を出す決定をしたのか、しっかり調査して国民に伝えるべきです。マスコミが新政権の足を引っ張るより、官僚の独断専行をチェックすることの方が、現在の民意を反映していると思うのですが・・・。

米大リーグのマリナーズを退団して日本球界復帰を表明していた城島選手のタイガース入団が決まりました。タイガースファンであると同時に、矢野選手のファンでもある私にとっては、やや複雑な心境です。しかし、捕手というポジションは体力的にかなりしんどいポジションのようですから、矢野選手は年齢的にそろそろ先発フルイニング出場がむずかしくなってきていたのも事実です。来シーズンは、2番セカンド関本、3番ショート鳥谷、4番レフト金本、5番サード新井、6番キャッチャー城島、7番ファーストブラゼル、8番ライト桜井と、ホームランを打てるバッターがずらっと並ぶことになります。矢野選手にも、ピンチヒッターとしてその勝負強さと打力を生かしてもらえばいいのかなと思いますが、これで贔屓にしていた檜山選手に次いで矢野選手もレギュラーから完全に外れてしまうことになると、甲子園に観戦に行っても、両選手の勇姿が見られない場合もある訳で、ちょっと寂しい気がします。残る金本、下柳の両ベテランには、来シーズンも頑張ってもらいたいものです。ところで、マスコミが、maijor leaguesをメイジャーリーグと書かずにメジャーリーグと表記するのはなぜなんでしょう?発音的にはメイジャーでしょう。最近は中国の首脳の名前もカタカナで現地での読みを振ってあったりするようになりました。英語の日本語表記にも少しは気を遣った方がいいような気がします。だって、アメリカ人に向かってメジャーリーグって言ったら、きょとんとされるでしょう。野球中継を野牛中継と言ってるようなものです。オリックスバッファローズの試合の中継ならこれでもいいか・・・。

10月8日の同じコラムで、グーグルの「ブックサーチ」の話題の前に、アマゾンの電子書籍リーダー「キンドル」が日本でも発売されるという記事を紹介していましたが、今日の日経ビジネスON LINEには、その「キンドル」の開発責任者であるチャーリー・トリッツシュラーさんのインタビュー記事が載っていました。「現在は英語版の輸入に過ぎませんが、近い将来に日本語を表示できる製品を導入する予定はあるのですか」との質問に、「日本語を含め、多言語を表示できる『キンドル』を現在、技術開発中だ。発売時期などは公表できないが、カラー化の検討など、新しい付加価値をつけた製品を導入すべく、開発中だ。」と答えています。分厚い洋書を何冊も抱えて歩くことを思えば、厚さ0.9cmで重さ289gのコンパクトボディーに約1500冊の書籍データを詰め込んで持ち歩けることは、確かに凄いことです。「ちなみに電子書籍は、再販制度の適応外だ。ただし、だからといってキンドルの日本語版が出た際に、いきなり価格を3分の1に下げると言えば、出版社はコンテンツ提供の協力をしてくれなくなるだろう。それは本意ではない。どのような価格を設定していくかも含めて、検討中だ。」とも語っていますが、果たして、近い将来日本語の新刊本を電子ブックで読む日が来るのでしょうか?私自身は、電子ブックにはあまり興味がありません。著作権が切れた日本の文芸作品をデジタル化して公開している「青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)」ですら、モニター上の文字は読みづらいので、なかなか読む気になれないですから。しかし、そういう意味では、このコラムも読む気になるかというと、ならないと答えざるを得ません。こういうのって、自家撞着って言うのでしたっけ・・・。