LOADING

2009.10.26 Mon

10月8日のコラムで書いたのですが、グーグルが進めるプロジェクト「ブックサーチ」が世界中の作家や出版業界を巻き込んで大問題になっています。「グーグルが複数の図書館と提携して蔵書をスキャン。米国内で流通していない書籍は、著作権保護期間内であっても全文の閲覧を可能とするもの(日経ビジネスON LINE)」で、これに対し「米国で全米作家協会と全米出版社協会が訴訟を提起。2008年10月に『商業利用の収入の63%を権利者に支払う』『無断でデジタル化した書籍について、1冊当たり60ドル支払う』『米国内で絶版または市販されていない書籍については、データベースに組み入れる』などを骨子とする和解案」が出たのですが、「世界の著作権者を巻き込む大騒動になったのは、『ベルヌ条約』という国際的な著作権に関する基本条約があるためだ。和解案の対象は『米国著作権を有するすべての人物』。ベルヌ条約で日本の著作物は米国でも著作権が発生しているため、自動的に日本の著作権者が和解に組み入れられた。異議がある場合は自ら申し出ねばならない」のです。つまり、異議を申し出ない場合は、グーグルはどんな長編作品でも1作品60ドルさえ支払えば、全文デジタル化できてしまうということです。確かにグーグルにとって都合がよすぎる和解案です。著作権の問題は、作家の経済的な権利を守ることと社会的な知的財産として有効活用することの間で、なかなか基準が定まっていません。私は、本を買うときだけは新刊本を買うようにしています。なぜなら、作家は一人で原稿用紙かパソコンに向かって孤独な執筆作業をして作品を生み出しているのですが、それが戯曲なら上演されることで目にし耳にすることもできますが、小説や評論、詩などは、出版されない限り人の目に触れることがないのです。本となって売られて、初めて作家に原稿料が入ってくるので、その本をオークションや古本屋で買った場合は、作家には創作のための労働の対価が還元されないからです。私も、音楽CDや映画のDVDは、普通にオークションで買っています。映画や音楽だって同じだろうとは思うのですが、私の気持ちの中では、本だけが特別なのです。本がなかなか捨てられないことや本をまたいではいけないとしつけられたことも関係しているのかもしれません。CDやDVDは記録媒体でしかなく、音楽家や演奏家、歌手、映画監督、俳優なども、一つの作品を作るに際して、それなりの労働をしているので、映画が映画館で上映される限り、音楽がライブで演奏される限り、正規の入場料を払って鑑賞することに何ら異存はありません。ただ、デジタルメディアになった作品は、私の中では再販可能な商品の位置づけになっています。映画会社やレコード会社(今時レコードでもないでしょうが、なぜか音楽CD会社とはいいませんね)は、上映したり上演した時点でしっかり儲けているだろうから、これ以上儲けさせる必要はないだろと感じてしまうのです。この感情のルーツは、輸入盤と国内発売のCDで値段が違いすぎることに疑問を持ったことが端緒のようです。大量に複製されて販売される商品であれば、その中古品を安く買うことに何ら引け目を感じる必要はないでしょう。逆に言うと、グーグルも本を無断でスキャンして公開するだけでなく、DVDになっていない映画やCD化されていない音楽をばんばんWEBで無料公開してくれるのなら、ま、いいかってことに・・・ならないよね。

2009.10.26 Mon

個人的な意見と前置きして、米グーグルのエリック・シュミット会長兼CEOが、「日本人は過去十分に成長したせいで疲れているのではないか。日本へのアドバイスはただ1つ。経済成長はイノベーションから生まれると言うことだ。イノベーションへ投資すれば、最終的には市場競争力の強化という形で帰ってくる。日本は島国で資源が無く、人が多いというハンディがあった。しかし今では、洗練されて豊かな国になっている。もっと自信を持つべきだ」と、日経ビジネス10月19日号特集「グーグル包囲網 ネット原理主義はどこへ行く」の連動インタビューで語っています。IT、特にインターネット関連ビジネスでは、アメリカ企業の独走状態が続いています。日本が開発したもので世界標準になったものってあるのでしょうか?調べてみると、ノートパソコンがそうでした。「ノートパソコンの第1号機は、1989年に登場した東芝のDynabook J-3100 SS」のようです。1989年といえば、まだまだ日本語ワープロ全盛の頃ですが、その日本語ワープロも、デスクトップ型からラップトップ型に進化していたので、日本のメーカーにとっては、パソコンの小型軽量化はお手の物だったのでしょう。その日本語ワープロの父と呼べる人が、森健一さんという当時の東芝総合研究所の研究員だった方だということも、今回調べて分かりました。日本語ワープロの基本技術である「かな漢字変換」技術が、アジア圏の各国のワープロソフト開発に生かされているそうです。その森さんが日本語ワープロ開発に着手したのは1971年のことで、その際3つの目標を掲げたそうです。「(1)かな漢字変換:かなを打つと自動的に漢字かな混じり文に変換される機能を持たせる。(2)ポータブル機能:それまでの植字型の邦文タイプライターはものすごい重さだったので、誰もが携帯できるものにする。(3)アクセス機能:遠隔地へ転送できる機能を持たせ、通信に日本語が使えるようにする。(http://www-lib.shinshu-u.ac.jp/seni/online/no41/2.html)」そのいずれもが達成されて、現在の私たちは、パソコンで日本語を打って、メールを送ったり、ブログを書いたり、印刷物を作ったりしています。まさに偉業と言えます。このことを教えてくださった現信州大学 大学院総合工学系研究科 生物機能・ファイバー工学専攻 スマート材料工学講座の太田和親教授も「森さんに、ノーベル賞を与えても良いと思う。ノーベル賞は欧米中心のきらいがあるというなら、先ず日本で森さんに文化勲章を与えるべきであろう。私は、多くの日本人に森健一さんの業績を知ってもらいたいと思う(http://www-lib.shinshu-u.ac.jp/seni/online/no41/2.html)」とおっしゃっていますが、私も同感です。