LOADING

2009.09.03 Thu

民主党が政権に就いたからといって、これまでの自公政権が作り続けてきた負の遺産を一気になくすことは困難でしょう。最初の1年は、自公政権が続いていたら実現できなかったであろうと思われる政治改革が少しでも進んだら、合格点を与えるくらい鷹揚に構えていないと、日本は変わりません。政治家が優秀なテクノクラート集団を味方につけて政策を遂行する、本来の近代的な政治体制に移行するためには、政治家の若返りも必要でしょう。経済対策というと、ばらまきしかないという旧弊な政治手法も、そろそろ辞めにしましょう。消費税に関しても、生活必需品のみ税率を固定して、財政状況に応じて毎年変動させてもいいのではないでしょうか?いずれにしても、既得権益を守ろうとする天下り法人を一掃することからスタートしてもらいたいものです。高級官僚といわれる人たちは、人一倍頭脳明晰なんですから、定年後はこれまでの役所勤めで蓄えたノウハウを活用して新規ビジネスを立ち上げるなり、民間のコンサルタント業を開業するなり、大学の先生になるなり、自力で第二の人生を切り開いていってもらわないといけません。天下りと渡りで、楽して儲けようなんてさもしい考えは捨ててもらいたいものです。