LOADING

2009.08.28 Fri

いよいよこの日曜日は衆議院議員総選挙です。「朝日新聞社が衆院選の中盤情勢調査と併せて実施した世論調査(22~25日)によると、『必ず投票に行く』と答えた人は81%で、前回の05年衆院選時の78%を上回った(asahi.com)」そうです。「政権交代が起きたら日本の政治が『良い方向に向かう』と思う人は25%で、『変わらない』の54%が序盤調査(56%)と同様に目立つ。『悪い方向に向かう』は8% 」だそうですが、「変わらない」54%が、目立つとわざわざ書く必要があったのでしょうか?この記事を書いた人の主観が入っていて、なんだか嫌な感じがします。それだったら、「悪い方向に向かう」と思う人は1割にも満たないとも書くべきでしょう。政権交代が起きたからって、すぐに現在の日本社会が変わるなんて誰も思っちゃいません。オバマ大統領になって、アメリカ社会が激変したかというと、決してそんなことはないのと同様に、日本社会も急には変わらないでしょう。しかし、長すぎた自民党政権の呪縛から解放されたら、中央、地方の行政組織にも変化が出てくるでしょう。官僚の意識が徐々に代わることの方に意義がある選挙だと思います。