LOADING

2009.08.03 Mon

8月になって、やっと夏らしくなってきました。「日経ビジネス アフターサービス満足度調査」の「インターネットサービスプロバイダ部門」で、「近鉄ケーブルネットワーク(KCN)」という地域密着型プロバイダが1位になったそうです。会員数が少ない分、懇切丁寧な対応を評価する声が多かったとか。一昨日、わが家の光回線も一時中断し、インターネットにアクセスできなくなったのですが、その際に電話で話したNTTコミュニケーションズの窓口の女性の対応も決して不満の残らないものでした。お客様サポートの窓口になるときの心構えとして、担当者は多くのお客さまの中のひとりとして対応していても、お客さまの方は1対1のコミュニケーションを求めていると言われます。我々WEB制作者も、お客さまと1対1の親しみやすいコミュニケーションがとれるようなWEBサイトを作ることが求められています。ただ、米国直輸入のコミュニティサイトなどで、ファーストネームで呼ばれたりすると、いくら親近感の演出だと分かっていても、「あんたに名前で呼ばれるようなつきあいではない!」っと妙に腹が立ったりもします。