LOADING

2009.07.31 Fri

昨日は「タミフル」が八角から作られている(食べれば効くというわけではないですが)ということに驚いたのですが、今日は、「緑茶に含まれるカテキンを加工してインフルエンザ治療薬に応用する技術を、大阪大学と横浜市衛生研究所の共同チームが開発した。季節性インフルエンザや鳥インフルエンザで効果が確認された。感染を防ぐ作用もあるため、鼻やのどに噴霧する予防薬への応用も期待できるという(asahi.com)」記事を読んで、またびっくり。しかも、この技術を開発したのが、大阪大学の開発邦宏助教というのも、なんかにっこり出来ます。「開発さんは『緑茶を飲んでも効果はないが、開発した成分は高い効果があった。作用からみれば、新型インフルエンザにも効果が期待できる。茶葉から大量に抽出でき、安価で副作用も少ない』と話」しているそうです。がんばって実用化を急いでください。

「政治面、経済面、社会面の次は「ウェブ面」??。5大紙の一つ、産経新聞にインターネットの話題だけを取り上げる「面」が新たに登場した。日本の一般紙では初の試みだ。購読者数や広告収入の激減で苦境にあえぐオールドメディアが打ち出した一手は、これまで敵視してきた『ネット』との連携(J CASTニュース)」とうことのようですが、インターネットの話題を新聞が後追いで採り上げて、アナログの紙面で記事にするのって、何となく奇妙な感じがしなくもないのですが、よくよく考えると、インターネットに接続している時間が短い人は、新聞で採り上げられた話題のサイトやネット上のトピックさえチェックしておけば、時代から取り残されずに済むわけで、新聞の読者の特性には合致しいるとは言えます。

今日で7月も終わりです。このところ雨ばかりでしたから、子供たちの夏休みもやっとスタートといったところでしょう。今日は暑さもさほど厳しくなく、湿気も少なく、高原の夏の一日といった感じです。太平洋高気圧のせり出しが例年より弱いため、梅雨前線が日本列島の上に居座ったのが、集中豪雨の原因と言われています。近畿地方ではそれほど大雨は降らなかったのですが、毎夏鮎釣りに出かけている岐阜の長良川の周辺だけは、しつこく雨雲に覆われ、川が大増水しました。そんなわけで、今年はまだ一度も鮎釣りに出かけられていませんが、あれだけの増水を生き延びた鮎が果たしてどれ位いるのか少し心配です。それにしても、自然の猛威に人間は無力です。ところで、長良川河口堰は今回の大雨の洪水防止に機能したのでしょうか?河口堰のホームページを見ると、ゲートは普段オーバーフローする位置に下ろされているのですが、大雨洪水注意報や警報が出ると、川の真ん中あたりの6番ゲートを全閉するようです。大雨が降ると、流芯部分の流れに乗って上流からゴミや流木がどんどん流れてくるので、海まで流れ込まないように、ゲートを閉めてブロックしているのでしょう。それでも、横のゲートはオーバーフローさせているので、すべての漂流物をブロックしているわけではなさそうです。ま、流し台のゴミ受けカゴくらいの役には立っているってことかな・・・。