LOADING

2009.07.24 Fri

「 YouTube(ユーチューブ)など大手動画投稿サイトの赤字拡大が指摘されるなか、同サイトの対抗馬として立ち上がった米マイクロソフト(MS社)のサイトが閉鎖されることが明らかになった。国内に目を転じても、ニコニコ動画やzoome(ズーミー)はビジネスモデルを構築できないまま(J CASTニュース)」のようです。確かに、ビジネスとしては、投稿する人、それを見る人の両者からお金をもらうのが収益の近道なんでしょうが、ネット上の情報はタダというのが定着しているので、なかなか難しいものがあります。「ユーチューブは09年だけで4億7000万ドル(468億円)の赤字になる見通しだ。回線・サーバーなどのインフラコストが、広告などの収入を上回っているのが原因」らしく、広告収入だけでは運営がままならないようです。じゃ、どうすればいいのでしょう?やはり、何だかんだと言っても、会員制にして課金するしかないでしょう。それでも投稿したい人、見たい人は結構いるでしょうし、もし誰もアクセスしなくなるのなら、お金を払う価値のあるコンテンツではなかったということです。会員になると、オフィシャル・サポーターとして、毎年イヤープレートかなんかをもらえるとかして、インセンティブをつけていくことで、徐々に会員も増えるかも知れません。しかし、なんといっても会員専用のスペシャル動画が見られるというのが、最大のインセンティブになる・・・ってことは、エロサイトと儲けの構造は同じかも。