LOADING

2009.07.22 Wed

46年ぶりに国内で観測できる皆既日食ということで、大いに期待したのですが、大阪では、雲のベール越しに昼間の三日月のような部分日食を30秒ほど見ることが出来ただけでした。子供の頃に、ろうそくの煤を付けたガラス越しに見た記憶があるのですが、今回の日食では、煤を付けたガラスや黒い下敷きで直接太陽を見たら失明するかも知れないとマスコミでさんざん脅かされていたので、たとえ晴れても、肉眼では見られないと思っていたのですが、雲のおかげで日食グラスがなくても見られたのは不幸中の幸いというべきでしょう。大枚はたいてトカラ列島まで出っ張っていた訳ではないので、文句を言う筋合いはないのですが、ワンセグの画面で見るちっちゃな皆既日食では、感動もちっちゃかったと言わざるを得ません。しかし、ダイヤモンドリングは、まぁまぁカンドー的でした。次に地球上で皆既日食が見られる時には、たとえ地球の裏側であっても、馳せ参じて見てみたいものです。単なる願望ですが・・・。