LOADING

2009.06.30 Tue

「25日に急死したマイケル・ジャクソンさん(50)が亡くなる直前、7月のロンドン公演で披露するはずだった代表作『スリラー』のミュージックビデオの撮影に臨んでいた(asahi.com)」そうです。まだ完成はしていないようですが、撮影は終了しているので、編集作業が終われば、遺作として全世界に公開されるのでしょう。それにしても、いかにも「スリラー」で始まって「スリラー」で終わったスーパースターの人生だったということになります。私としては、5月2日に亡くなった忌野清志郎の方に同世代としてのシンパシーを感じているのですが、老人になることが似合わないロックアーティストがいるのも事実です。ポール・マッカートニーは、おじいさんになっても普通に歌を歌っていそうですが、年老いたミック・ジャガーはどうなんでしょう?

「イラストSNSのpixiv(ピクシブ)は2009年6月29日、ユーザー数が100万人を突破したと発表した。大台に到達したのは6月26日で、サイト開設から約1年9ヶ月で達成した(J CASTニュース)」そうです。世の中にイラストを描くのが趣味で、インターネット環境を持っている人が100万人もいるということでしょうか?10代の若者はケイタイがメインでしょうから、メンバーの中心はもう少し年齢が上なのかも知れません。「イラストやマンガ、アニメが好きな若者の心をつかんで急成長。08年12月に会員数50万人を超えてからも勢いは衰えず、月間約7億ページビュー、総投稿数約490万枚の巨大イラストサイト」だそうです。日本人のアニメ好き、マンガ好きは、疑うべくもない事実のようです。専門学校でも、イラスト専攻コース、マンガ専攻コースはなかなかの人気らしく、麻生首相がぶちあげた国営マンガ喫茶構想のバックボーンはこんなところにもあるのでしょう。ただ、プロのイラストレーターやマンガ家になるのは至難の狭き門ですが・・・。