LOADING

2009.05.29 Fri

海外に住む日本人向けにTVの地上波の番組を無断でインターネット向けにエンコーディングし、世界中の会員からお金を取って見せていたネット関連会社の経営者が逮捕されました。著作権侵害は紛れもない事実ですが、TVの今後を考えたとき、インターネット版有料チャネルというのは大アリでしょう。私自身は、地上波もNHKを始め、民放も含めてペイTVになればいいのにと思っている方ですが、地上波ではなかなか難しくても、インターネット用に同時配信するのなら可能でしょう。連ドラの1~2回目だけとかを無料放送にすれば、後りの回を観たい人はお金を払って観てくれるでしょう。インターネットの便利なところは、課金が比較的簡単なことです。いっそのこと、インターネット版は、番組単位で課金するというのもアリでしょう。放送文化だか何だか知らないですが、視聴率が限りなく0に近いような、あってもなくてもいい番組は淘汰されていくでしょうが、コアなマニア向けの番組は結構生き残っていくように思います。

GMがアメリカ連邦破産法11条を申請するのが確実になってきました。11条というのは日本の民事再生法のようなものらしいです。それにしても、今後大胆なリストラや工場閉鎖をしたところで、焼け石に水でしょう。結論から言うと、爆発的に売れる車を作って、世界規模で売れまくらない限り、本当の再建は難しいと思います。広い国土に合わせて道路幅をゆったりとったことがかえって徒となって、馬鹿でかい車ばかり作り続けてきたツケが回ってきたと言うべきでしょう。高級車の分野でも、コンパクトカーの分野でも、ヨーロッパや日本のメーカーに負け続け、結局アメリカ中部や南部でしか売れない化石のような車を作り続けたGMですが、燃費効率のよい新世代エコカーを開発できれば、充分立ち直れると思います。この際、スティーブ・ジョブスにCEOになってもらって、iPodのようなあっと驚くニューモデルを作ってくれないでしょうかね・・・。